【リフォーム事例から学ぶ】おしゃれなお部屋をつくるポイント3選!

スポンサーリンク
reform-casestudy-fashionabieその他のリフォーム
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

この記事を読まれているあなたは、こんな悩みをお持ちじゃないですか?

困った人
困った人

長く住んでいるこの家をリフォームしておしゃれなお家にしてみたいわ。

困った人
困った人

そもそもリフォームでおしゃれな部屋にできるのかしら??

この記事を読むことで次のことが分かります。

リフォーム事例を参考に「一戸建て住宅のおしゃれなお部屋をつくるポイント」が分かります。

そんな私は、

皆さん、こんにちは。
福子です。

福子38歳です。年下の旦那と12年前に結婚して、3人のママになりました。毎日家事が大変ですが、元ハウスキーパー歴5年の経験を生かして、住まいや生活全般に関する便利な情報をお届けします。

生活しやすくするにはリフォームが最もおすすめ!

生活してると「もっとこうだったらいいのにな。」っていうことがありますよね。ちょっとしたことだから、使いにくいと思いながらもずっと同じ仕様で使っていたり...。

でもそのプチストレスなくしたくないですか?

解消する方法は2つあります。

  • DIYで自分でリフォームする
  • リフォーム業者に任せて最適にリフォームする

ただしDIYは、得意な方がやらないと結局使い勝手が悪くてプチストレスは再燃します。

その点、リフォーム業者に任せれば使い勝手や先々のことも踏まえて設計してくれるので、リフォーム後の満足度も高いはずです。

そんなリフォームにはリフォームのプロがいます。

普段の生活にプチストレスを感じる場合はまずリフォーム見積もりをとってみませんか?

見積もりを取る前に確認してほしいのがこちらの記事。見積もりに関わる危険な例も説明していますよ。

オススメしたいのは「タウンライフリフォーム」!なんと無料複数社から見積もりをとれます。

見積もりをとってそのままリフォームしたい!という場合も、複数社と価格を比べられるので、お得にリフォームできちゃうんです!

大掛かりなリフォームじゃないからこそお得にリフォームしたいですよね。プチストレスを解消して、生活しやすいお家に変身させちゃいましょう!

長年住んでいる愛着のあるお家であっても、設備の老朽化やライフスタイルの変化などによりリフォームが必要な場合があります。

せっかくリフォームをするなら少しでもおしゃれに、見た目にもこだわりたいですよね!!

先日、パパとリフォームについての話題になりました。

友三
友三

この間、友人の家に行ったときに、リビングがおしゃれにリフォームされていたんだ!!リフォームであんなに素敵にできるなんて驚いたよ。

福子
福子

良いわね!最近はリフォームでとてもおしゃれにできるみたいよ。

私もとても興味があるわ!

友三
友三

リフォームでおしゃれな空間をつくるにはどうしたら良いのかな。

ママ、教えてくれる??

福子
福子

OKよ!!

今回は、リフォーム事例を参考に「おしゃれな一軒家の部屋づくり」に注目してご紹介します。

 

スポンサーリンク

リフォーム事例から学ぶ”おしゃれの秘訣は配色,間取り,照明”

reform-light-kichen

リフォームを検討中の方で、今よりもおしゃれな家にしたいと考えるのは当然のことです。

特にリビングは、家族はもちろん来客などがあり人が多く行き交う場所です。

そんなリビングを少しでもおしゃれに「見た目にもこだわりたい」と考えている方も多いと思います。

リフォームでおしゃれな内装づくりをするには3つのポイントがあります。

  1. 配色を揃える
  2. 開放感のある空間や間取りにする
  3. 照明は等間隔にし、間接照明やダウンライトを組み合わせる
友三
友三

なるほどね!なんとなく意味は分かるけど、イメージしづらいな。

福子
福子

そうよね!言葉だけでは分かりづらいもの。一つひとつ見ていきましょうか。

 

リフォーム事例①配色を揃えておしゃれな部屋にしよう

ずばり!おしゃれなお家をつくる秘訣1つ目「部屋のコンセプトに合わせて配色を統一」することです。

福子
福子

配色がバラバラだと見た目の違和感があったり、安っぽい印象を与えてしまいますよ。

配色のバランスは以下の通りがベストだと言われています。

配色色のバランス(100%)
ベースカラー70%
メインカラー25%
アクセントカラー5%

配色その①部屋の大部分を占めるベースカラーを決めよう

reform-interior-color

ベースカラー(70%)は、床や壁、天井などの部屋の大部分を占めるため、お部屋の印象を決める大切な部分です。まずはどんなお部屋にしたいのかイメージをしてみましょう!!

壁紙だけでなく、ソファやカーテンなどのインテリア、床の色なども含めて考えてお部屋をつくることが大切です。

福子
福子

インターネットやSNSでも「内装 おしゃれ」などと検索すると沢山出てきますよ。

友三
友三

僕は、黒を基調としたシックでカッコいい感じの部屋にしたいな。ママはどんな部屋にしたい?

福子
福子

私は、白やピンクを基調としてお姫さまのような可愛らしいお部屋にしてみたいわ~!

友三
友三

お姫さまって(笑)僕のイメージと正反対じゃないか。

白など明るい色味は「膨張色」です。大きく、軽やかに見せてくれる効果があります。

飽きのこない白やアイボリーを採用するケースが多く、明るい色味を床や天井にもってくることで明るく開放的な空間をつくることができます。

福子
福子

一方、黒色などの暗い色味は「収縮色」とも呼ばれます。小さく、スタイリッシュに見せることができますよ!

(例)ホワイトを基調とした部屋

reform-whiteisthekeynote

(例)黒やグレーを基調とした部屋

reform-chicroom

キッチン周辺の壁紙や内装のリフォームでお悩み方はこちらの記事が参考になります。

主役となるメインカラーを決めよう

reform-casestudy-wall

メインカラー(25%)は、家具やソファ、カーテンなどのインテリアの色味のことであり、名前の通り主役となる色のことです。

一色での配色が基本ですが、ベースカラーと同系色の色味をもう1色使用することで、違和感のないスッキリとした空間を演出することができます。

家具や建具の色などを濃い色か薄い色、どちらを選ぶかによって、お部屋の印象が大きく変わります。

小物類のインテリアにアクセントカラーを使おう

アクセントカラー(5%)は、小さな面積ですが、お部屋のテーマになる色味です。

クッションや花瓶、絵画などの小物類のインテリアのことをいい、好みの色を取り入れたりと手軽に部屋の印象をガラリと変えることができます。

reform-interior-casestudy

同系色にしたい場合は、グレーやネイビーなどの柔らかい色味を採用すると良いでしょう。

福子
福子

ベースカラーやメインカラーの反対の色味を採用するとお部屋にメリハリができますよ。

友三
友三

クッションや花瓶だったら、手軽に変えやすいしコスパも良いし、今からでも取り入れることができるから良いね。

福子
福子

ワンポイントで自分の好きなカラーを取り入れても個性が出せて良いかも!!

 

リフォーム事例②開放的な間取りを採用しておしゃれにする

reform-tenjyou-colorscheme

リフォームの予算や構造上撤去できないものもありますが、リフォームするならできるだけ壁などをなくして開放感のある間取りにしたいですよね。

壁や仕切りなどの遮るものを撤去することで、圧迫感がなくなり広々と開放的な間取りをつくれます。

友三
友三

仕切りがないことで通気性は良いし、家の奥まで光や風を感じられて気持ちが良さそうだね。

福子
福子

壁などを撤去するだけでイメージが変わりそうね。リフォームで間取り変更ができる種類や費用でお悩みの方は下記の記事を参考にしてね。

 

リフォーム事例③照明は間接照明と組み合わせておしゃれにする

reform-lighting-equipment

照明は、高さや縦、横などを考えて「等間隔」に設置すると見た目もよくスッキリとした空間がつくれます。

一般的に家庭で使われているシーリングライトは、部屋全体が明るくなりすぎてしまい高級感は薄れてしまいます。

カフェやホテルのような高級感を演出したい場合は、ダウンライトや間接照明などを取り入れましょう。

ダウンライトで一部分の床を照らし、間接照明で天井の端を明るくすることで、メリハリがうまれて暗さや狭さを感じさせない雰囲気をつくることができます。

(例)ダウンライト

(例)間接照明

reform-indirect-lightingreform-downlight

 

 

 

 

 

福子
福子

もっとこだわりたい方は、調光器を採用すると調整できて良いですよ!!

 

まとめ

reform-casestudy-summary

今回は、リフォーム事例を参考におしゃれな一軒家の部屋をつくるポイントに注目してご紹介しました。

福子
福子

おしゃれな部屋づくりのポイントは「配色」「間取り」「照明」の3つですよ!!

  • 屋のコンセプトに合わせて配色を統一する。
福子
福子

配色のポイントはこちらです。

部屋の割合具体例配色のポイント
ベースカラー70%床や天井白やアイボリーなど明るい色味
メインカラー25%家具・カーテンなど基本は1~2色・ベースカラーの同系色
アクセントカラー5%クッション・花瓶など気分や季節に合わせてアレンジ可能
  • 広々とした開放的な間取りをつくるには、壁や仕切りなどをなくすことで部屋の圧迫感が解消できる。
  • 照明は高さや縦、横などを考えながら等間隔に設置すると見た目もよく、スッキリとした空間がつくれる。
友三
友三

各家庭のリフォーム内容や予算に合わせて、少しでもおしゃれな家を作れるように、まずは家族でイメージしてみるのがいいね!

福子
福子

そうね!みなさんもリフォームをお考えの際には、見た目にもこだわって今よりもおしゃれなお部屋を作ってみませんか??

生活しやすくするにはリフォームが最もおすすめ!

生活してると「もっとこうだったらいいのにな。」っていうことがありますよね。ちょっとしたことだから、使いにくいと思いながらもずっと同じ仕様で使っていたり...。

でもそのプチストレスなくしたくないですか?

解消する方法は2つあります。

  • DIYで自分でリフォームする
  • リフォーム業者に任せて最適にリフォームする

ただしDIYは、得意な方がやらないと結局使い勝手が悪くてプチストレスは再燃します。

その点、リフォーム業者に任せれば使い勝手や先々のことも踏まえて設計してくれるので、リフォーム後の満足度も高いはずです。

そんなリフォームにはリフォームのプロがいます。

普段の生活にプチストレスを感じる場合はまずリフォーム見積もりをとってみませんか?

見積もりを取る前に確認してほしいのがこちらの記事。見積もりに関わる危険な例も説明していますよ。

オススメしたいのは「タウンライフリフォーム」!なんと無料複数社から見積もりをとれます。

見積もりをとってそのままリフォームしたい!という場合も、複数社と価格を比べられるので、お得にリフォームできちゃうんです!

大掛かりなリフォームじゃないからこそお得にリフォームしたいですよね。プチストレスを解消して、生活しやすいお家に変身させちゃいましょう!