【リフォーム事例から学ぶ】間取り変更の種類や費用についてご紹介!

reform-madori-henkouその他のリフォーム
この記事は約7分で読めます。

みなさん、こんにちは。

この記事を読まれているあなたは、こんな悩みをお持ちじゃないですか?

困った人
困った人

リフォームで間取りの変更できるって聞いたことがあるけど、本当にできるのかしら?費用も気になるわね。

困った人
困った人

うちもリビング隣の和室をフローリングにしてリビングを広くしてみたいのよね。だけどどうしたら良いのか悩んでいたの。

この記事を読むことで次のことが分かります。

リフォーム事例を参考に間取りの変更の種類や費用が分かります。

そんな私は、

皆さん、こんにちは。
福子です。

福子38歳です。年下の旦那と12年前に結婚して、3人のママになりました。毎日家事が大変ですが、元ハウスキーパー歴5年の経験を生かして、住まいや生活全般に関する便利な情報をお届けします。

生活しやすくするにはリフォームが最もおすすめ!

生活してると「もっとこうだったらいいのにな。」っていうことがありますよね。ちょっとしたことだから、使いにくいと思いながらもずっと同じ仕様で使っていたり...。

でもそのプチストレスなくしたくないですか?

解消する方法は2つあります。

  • DIYで自分でリフォームする
  • リフォーム業者に任せて最適にリフォームする

ただしDIYは、得意な方がやらないと結局使い勝手が悪くてプチストレスは再燃します。

その点、リフォーム業者に任せれば使い勝手や先々のことも踏まえて設計してくれるので、リフォーム後の満足度も高いはずです。

そんなリフォームにはリフォームのプロがいます。

普段の生活にプチストレスを感じる場合はまずリフォーム見積もりをとってみませんか?

見積もりを取る前に確認してほしいのがこちらの記事。見積もりに関わる危険な例も説明していますよ。

オススメしたいのは「タウンライフリフォーム」!なんと無料複数社から見積もりをとれます。

見積もりをとってそのままリフォームしたい!という場合も、複数社と価格を比べられるので、お得にリフォームできちゃうんです!

大掛かりなリフォームじゃないからこそお得にリフォームしたいですよね。プチストレスを解消して、生活しやすいお家に変身させちゃいましょう!

マイホームを手に入れたときは、ピカピカの新居に心おどりますよね!!

しかし住んでいるうちにライフスタイルの変化などにより、「家族が増えた」「使いづらいからこうしたい」等という気持ちが芽生えてきます。

福子
福子

リフォームで間取りの変更をしてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか??

実際に私の周りにも、リフォームを検討している友人が多くいます。

先日、そんな友人たちとリフォームの話題になりました。

困った人
困った人

最近、家族が増えてリビングが手狭になってきたの。リフォームで間取りを変えて広くしたいと考えているの。

困った人
困った人

いいわね!私もSNSでリフォームで間取り変更したお宅を見たことがあるわよ。詳しくは福子さん、教えてくれるかしら??

福子
福子

もちろんよ!!一緒に見ていきましょう。

今回は、リフォーム事例を参考に一軒家の間取り変更に注目していきます。

福子
福子

マンションで間取りの変更リフォームをしたいとお考えの方は下記の記事を参考にして下さいね。

reform-mansyon

 

リフォームの間取り変更は”4種類”費用は5万~300万円と幅広い

reform-madori-plan

リフォームでの間取り変更の方法には、大きく4つの種類があります。

費用は、施工内容によって幅があります。費用はあくまでも目安です。

reform-money

施工内容費用
間仕切り壁の設置約5万~20万円
壁やドアを撤去して独立していたK,D,Lから広々としたLDKへ約100万~300万円
新たな壁やドアの設置約15万~30万円
アコーディオンカーテンの設置約5万~8万円
困った人
困った人

なるほどね!うちは隣の和室をフローリングにしてリビングを広くしたいのよね、だけど一番費用がかかりそうね。

福子
福子

予算はリフォームをする上でとても重要なポイントのひとつよね。詳しく見ていきましょうか!!

リフォーム事例で学ぶ間取りの変更前のポイント

リフォームを行う前には次のポイントを押さえておきましょう。

  • 家族や家庭の状況に合わせて間取り変更をする
  • 今よりも住みやすく、機能的な間取りに変更する
福子
福子

子ども部屋を増やしたり、両親の介護などの理由で間取りを変更する方は少なくありませんよ。

友三
友三

一時的に間取りを変えたいのか、完全に間取りを変えたいのかもしっかりと考えてから行うと良いかもね!

 

リフォーム事例①間仕切り壁の採用で間取り変更

reform-majikiri-jirei

間仕切りでのリフォームは家族が増えて子供が大きくなったとき等に、1つの部屋を2つに間仕切ること費用も安く簡単にプライバシーが確保できます。

単に壁を設置するのも可能ですが、壁部分を収納にしたり将来のことを考えて引き戸を採用して部屋を分けることもできます。

友三
友三

引き戸にしておけば、また子供が巣立った後に広い1つの部屋に戻せることもできそうだね。

福子
福子

それは良いアイデアね!
しかも費用が抑えられて簡単にできるのはとても良いわね。

 

リフォーム事例②壁を撤去し間取りを広く変更する

reform-riving-kitchen

リビングと隣の和室の壁やドアを撤去して1つのフローリングにする方法があります。

独立していたキッチン、ダイニング、リビングの壁やドアを撤去してから広々としたLDKへと間取りの変更をすることで、大切な家族と過ごすリビングを少しでも広く快適な空間につくることができます。

構造上、基本的に柱や梁、体力壁は移動や撤去ができない場合があります。詳しくは、リフォーム工事の業者や担当者に確認しましょう。
困った人
困った人

正直、壁を撤去することで耐震に影響がないか不安だわ。

福子
福子

リフォームによる耐震への影響が気になる方は、こちらの記事が参考になりますよ。

また大規模なリフォームの場合は、リフォーム中の生活のことも考えなくてはいけません。

小さなお子様や小学校などに通われている家庭では、夏休みなどの長期休暇中にリフォームをするなど、家族で事前に話し合っておくとスムーズです。

友三
友三

費用はかかるけどガラリとイメージも変えられて良いね!!
まずは家族で話し合ってから工事の担当者に相談した方が良さそうだね。

福子
福子

そうね。2021年にリフォームを考えているなら「グリーン住宅ポイント制度」が利用できるかもしれないから、一度チェックしてみてね。

 

リフォーム事例③新しい壁やドアを設置した間取り変更

reform-shikiri-hikido

一つの部屋を独立した2つの部屋にするには、新しく壁やドアをつける方法があります。

一般的なドアは安価なものが多いですが、ドア付近に開閉させるスペースが必要になります。

横にスライドさせる引き戸は、ドアよりも費用はかかりますが、開放的な空間を作ることができます。

友三
友三

引き戸の方がドアより費用はかかるけど、将来的にみたら引き戸の方が良い気もするな。

福子
福子

一時的な仕切りが欲しいなら、「間仕切り」が良いけど、プライバシーを確保したいなら「新しく壁やドアを設置する」と良いかもね!

 

リフォーム事例④アコーディオンカーテンを使った間取り変更

reform-accordioncurtain

アコーディオンカーテンは、用途に合わせて開け閉めができるので、使わない時はコンパクトに隅にまとめることができます。

また、1番安価なことが多いです。

福子
福子

アコーディオンカーテンは、色やデザインが豊富で好みのものを選ぶのも楽しそうね。

友三
友三

費用も安いし、お手軽にリフォームできるのは理想だな~。

 

まとめ

今回はリフォーム事例をもとに一戸建て住宅に関する間取りの変更の種類や費用についてご紹介しました。

リフォームで間取りの変更を行うには以下の4つの種類があります。費用はあくまでも目安です。

  • 間仕切りを使用して1つの部屋を2つに間仕切ることで費用も安く簡単にプライバシーが確保できる。(約5~20万円)
  • 壁やドアを撤去することで独立していたキッチン、リビング、ダイニングから広々としたLDKへ間取りの変更ができる約100~300万円)
  • 新たな壁やドアの設置(約15~30万円)一つの部屋を完全に独立した2つの部屋にするには、新しく壁やドアをつける方法がある。
  • アコーディオンカーテンの設置(約5~8万円)1番安価であり、用途に合わせて開閉ができるので、使わない時は隅に寄せることができる。
福子
福子

一時的な仕切りが欲しいなら、「間仕切り」が良いけど、プライバシーを確保したいなら「新しく壁やドアを設置する」と良いかもね!

友三
友三

自分たちのライフスタイルや予算に合わせて、どの方法を取り入れるか家族で検討することが必要だね!

福子
福子

みなさんもリフォームで間取りの変更を検討してみてはいかがでしょうか??

生活しやすくするにはリフォームが最もおすすめ!

生活してると「もっとこうだったらいいのにな。」っていうことがありますよね。ちょっとしたことだから、使いにくいと思いながらもずっと同じ仕様で使っていたり...。

でもそのプチストレスなくしたくないですか?

解消する方法は2つあります。

  • DIYで自分でリフォームする
  • リフォーム業者に任せて最適にリフォームする

ただしDIYは、得意な方がやらないと結局使い勝手が悪くてプチストレスは再燃します。

その点、リフォーム業者に任せれば使い勝手や先々のことも踏まえて設計してくれるので、リフォーム後の満足度も高いはずです。

そんなリフォームにはリフォームのプロがいます。

普段の生活にプチストレスを感じる場合はまずリフォーム見積もりをとってみませんか?

見積もりを取る前に確認してほしいのがこちらの記事。見積もりに関わる危険な例も説明していますよ。

オススメしたいのは「タウンライフリフォーム」!なんと無料複数社から見積もりをとれます。

見積もりをとってそのままリフォームしたい!という場合も、複数社と価格を比べられるので、お得にリフォームできちゃうんです!

大掛かりなリフォームじゃないからこそお得にリフォームしたいですよね。プチストレスを解消して、生活しやすいお家に変身させちゃいましょう!