水回りのリフォームは資格が必要?自分でできない工事内容を知ろう!

スポンサーリンク
水回りのリフォーム
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

この記事を読まれているあなたはこんな悩みをお持ちじゃないですか?

困った人
困った人

水回りのリフォームって自分でDIYしても大丈夫?

困った人
困った人

資格がいるって聞いたけど、パッキンの交換もダメなの?

困った人
困った人

水漏れしていて困ってるの……

この記事を読むことで、次のことがわかります。

自分でもできる水回りリフォームや修理の種類がわかります。
水回りリフォームに必要な資格がわかります。

そんな私は、

皆さん、こんにちは。
福子です。

福子38歳です。年下の旦那と12年前に結婚して、3人のママになりました。毎日家事が大変ですが、元ハウスキーパー歴5年の経験を生かして、住まいや生活全般に関する便利な情報をお届けします。

水回りトラブル放置していませんか?

家もマンションも消耗品。長年住んでいれば水回りのトラブルも出てきますよね。
そのまま放置していると、とんでもないことになるって知っていますか?

◆マンションで水漏れ!下の階まで被害が広がっていた!
実際にこのような事例は多くあります。
保険適用の事案なら良いですが、自分の不注意の場合は、数百万円の賠償金を支払うことにもなりかねません。

水回りと言われるキッチン・トイレ・お風呂などにはそれぞれ寿命があり、ある時期が来たら交換する必要があります。

トラブルになる前に、リフォームを検討したほうが良いでしょう。
こちらの記事では、リフォーム見積もりの確認方法と危険な例を解説しています。

自宅近くの優良業者を紹介してくれるのが、こちらの「タウンライフリフォーム」。無料で複数社から見積もりをもらえますよ。

いきなり結論ですが『水回りのリフォーム工事には資格が原則必要』となります。

友三
友三

じゃぁDIYはダメってこと?

福子
福子

キッチンのシンクや調理台など、水道が絡んでいなければそれは大丈夫よ。

困った人
困った人

え?どういうこと?

困った人
困った人

水道が絡んでるから、パッキンの交換もやっぱりダメってことなの?

福子
福子

実はそういった簡単なものは自分でしても問題ないケースもあります。

冒頭で言った通り、水回りリフォームには資格が必要となる場合が多くなります。どこまで自分でできて、どこからできないか知っておかないと後から大変なことになる場合も……

友三
友三

なにそれ、怖い。

自分でリフォームしてもし水漏れしてしまい、自宅だけでなく他の家に被害が及んでしまうとその賠償は全て自分でしなくてはいけません。

こんなことにならないように、水回りをDIYや修理で触るときはしっかり知識を持って臨んでください。

福子
福子

先に自分で出来ることを確認し、そのあとに水回りリフォームにどんな資格が必要なのか見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

資格がなくても簡単なパッキン交換などはOK!

画像引用元:Amazon

蛇口のパッキンが劣化し交換する際は、自分で交換しても黙認されることがほとんどです。本来は自分で交換した後、資格保持者に確認をとるのが正解。

福子
福子

しかし現状確認をとらなくても問題はありません

ただし自分で施工し、その後トラブルが起こってしまうとすべて自己責任になります。

水漏れによる他の家への被害や、壁などにカビが出来てしまったというトラブルがあるのも事実です。

女性だとパッキン交換すら不安な方も多いのではないでしょうか。そんな人は迷うことなく水道局指定の工事店に依頼しましょう。

福子
福子

DIY慣れしている人などは自分でしてもいいかもしれませんね。

資格がなくても自分で出来る水回り工事具体例

では具体的に言えばどんなものがあるかというと、

  • 蛇口のパッキン交換
  • トイレタンクの水漏れによるパッキンの交換
  • シャワーヘッドの水漏れ
  • 単独水栓の取り換えとその補修など
単独水栓とは水を出す・止めるだけを行う、最もシンプルな水道のことを指します。
福子
福子

小学校にある水道を思い浮かべると、わかりやすいと思います。

 

給水装置に関わるリフォームには資格が必要!

水回りのリフォームを考えるなら、まず給水装置について知っておかなければいけません。

給水装置と呼ばれるものには次の設備や配管等があります。

  • 家の中の蛇口
  • 水道メーター
  • 給水管
  • 止水栓
  • 配水管

つまり道路下の配管から家の蛇口までにある全ての設備などのことです。この給水装置を触る時には資格が必要となるのです。

またその他にも必要な資格がありますので、この機会に何となく知っておけば大丈夫です。

友三
友三

給水装置が何なのかはわかったね。

水回りのリフォームに必要な資格は4つ

次に水回りリフォームに必要な資格4つをみていきます。また資格がないと絶対にダメな部分もありますので、自分に限らず業者に頼む場合も資格の有無は確認が必要です。

水回りのリフォームに必要な資格

  1. 給水装置工事主任技術者
  2. 下水道排水設備工事責任技術者
  3. 水道技術管理者
  4. 管工事施工管理技士
水を安心・安全に活用するために必要な資格です。水は私たちの生活には欠かせません。
福子
福子

飲んだら病気になる水なんて嫌ですよね。

 

水回りリフォームにオススメの記事を紹介

水回りのリフォームといえばキッチンやトイレ、お風呂ではないでしょうか。

ここまでのお話で、大がかりになりそうな水回りリフォームは、資格がないと基本的には出来ないということがわかったと思います。

そこでキッチンやトイレ、お風呂に関する記事を、紹介したいと思います。

福子
福子

ぜひ参考にしてみてください

キッチンリフォームを失敗したくない人へ

キッチンリフォームの「いろは」をしっかり教えてくれる記事です。リフォームを成功へと導くには何のために・誰のためにそしてどうしたいのかを考えることが重要になってきます。

キッチン生活の要の場所ですよね。リフォームを失敗したくなければ一度読んでおくことをオススメします。

福子
福子

価格ごとにリフォーム例も紹介していますよ!

キッチンリフォームのオススメ業者が知りたい人へ

なんと紹介している業者は20社!それぞれの業者強みや特徴が詳しくわかります。

  • デザイン重視がいい
  • 機能重視がいい
  • あったかい感じがいい
  • オール電化がいい

など人によって希望は様々ですよね。リフォームは施工業者選びに失敗すると、大変ですのでしっかり吟味しましょう。

友三
友三

これを見れば、依頼したい業者が絶対見つかるね!

トイレリフォームについて詳しく知りたい方へ

トイレリフォームのポイントを一から説明した記事。トイレの寿命や適正な取り換え時期を知っておけば、リフォームを考える時期の目安がわかります。

壊れてしまって『急な出費が痛い!』となって焦るより『あと何年でトイレの取り換え時期だなぁ』と思っていた方が、同じ出費でも気が楽になりますよ。

また最新式トイレや、トイレ空間のリフォームについても触れています。冬のさむぅいトイレが嫌だって人にも読んでほしいですね(笑)

福子
福子

トイレひとつとっても、色々なリフォーム方法があるんですよ。

お風呂のリフォームの値段相場を知りたい人へ

お風呂リフォームにかかる値段を徹底解説しています。お風呂って二つの分類に分けられるって知っていましたか?

お風呂は一日の疲れを癒す空間であり、人によってはその日のやる気スイッチを押す場所です。

そんな大切な空間をリフォームするのなら、たくさんお金をかけたいところ……ですが中々そうもいきませんよね。

どれくらいの予算で、どれくらいのリフォームが出来るのかがわかります。なので予算に限りのある人には特にオススメの記事です。

福子
福子

価格を抑える方法も紹介しているから必見よ!

 

まとめ

水回りのリフォームには簡単なものでない限り、資格が必要です。

水回り工事に必要な資格

  • 給水装置工事主任技術者
  • 下水道排水設備工事責任技術者
  • 水道技術管理者
  • 管工事施工管理技士

水回りのリフォームを考える時は上記の資格が、業者にあるか確認をしてください。

割安だからと言って無資格の者に依頼すると、後で大変なトラブルに合う可能性があります。

自分でDIYする場合も気をつけましょう。ポイントは給水装置を触るかどうかです。

例外として自分でできることは、パッキンの交換単独水栓の交換・補修などでしたね。

福子
福子

余計なトラブルを避けるため、知識はしっかりと持っておきましょう

水回りトラブル放置していませんか?

家もマンションも消耗品。長年住んでいれば水回りのトラブルも出てきますよね。
そのまま放置していると、とんでもないことになるって知っていますか?

◆マンションで水漏れ!下の階まで被害が広がっていた!
実際にこのような事例は多くあります。
保険適用の事案なら良いですが、自分の不注意の場合は、数百万円の賠償金を支払うことにもなりかねません。

水回りと言われるキッチン・トイレ・お風呂などにはそれぞれ寿命があり、ある時期が来たら交換する必要があります。

トラブルになる前に、リフォームを検討したほうが良いでしょう。
こちらの記事では、リフォーム見積もりの確認方法と危険な例を解説しています。

自宅近くの優良業者を紹介してくれるのが、こちらの「タウンライフリフォーム」。無料で複数社から見積もりをもらえますよ。