床下断熱リフォームの費用や重要な基礎知識ポイントを徹底解説!

スポンサーリンク
見積りと費用
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

この記事を読まれているあなたはこんな悩みをお持ちじゃないですか?

困った人
困った人

床下断熱したいんだけど費用ってどのくらいかしら?

困った人
困った人

基礎断熱もあるけど、床下断熱になにかメリットはあるの?

この記事を読むことで、次のことがわかります。

床下断熱リフォームの費用相場がわかります。

そんな私は、

皆さん、こんにちは。
福子です。

福子38歳です。年下の旦那と12年前に結婚して、3人のママになりました。毎日家事が大変ですが、元ハウスキーパー歴5年の経験を生かして、住まいや生活全般に関する便利な情報をお届けします。

リフォームの見積もりを複数社に依頼するのは大変!?

リフォームを検討していて、いざ見積もりを…と思っても、ついちゅうちょしてしまうことありますよね。

リフォーム会社の選定に、リフォーム見積もり依頼…いざリフォームをしようにも、実際リフォームに辿り着くまでの過程がたくさんあって嫌になってしまいますよね。

◆リフォーム会社を選定するのに1日
リフォーム会社から見積もりがあがってくるのに最大1か月
複数社へ見積もり依頼したければ、時間がいくらあっても足りません。

せっかくいい業者を見つけても、自宅は工事範囲外だったら、探していた時間がもったいないですよね。

そもそも、どの業者が良い業者で、かつ料金も良心的なのかわからない…。そんな悩みを解決してくれるのが「リフォームの相見積もり」です。

自宅の住所や、リフォームしたい箇所、予算を入力するだけ。自動で見積もりをだしてくれるサイトがあるんです。

こちらの記事では、見積書の見方や、危険な例に関して詳しく説明していますよ。

一括見積を複数社から無料でしてくれるのが「タウンライフリフォーム」。自宅付近の、しかも優良業者のみを選定して提案してくれるので、安心してリフォームを依頼できます。

理想なお家にリフォームして家族仲良く快適にすごしませんか?

床下断熱をしたい人は、こんな考えをお持ちじゃないでしょうか?

  • 冷え性で困っている
  • 冬になると部屋が寒すぎる
  • エアコンの効きが悪く感じる
  • 部屋の底冷えがひどい
困った人
困った人

そうそう。私は夏でも足先が冷たいし、冬は本当に辛いの。

困った人
困った人

うちはエアコンつけているのにあまり効いている感じがなくて…

福子
福子

わかります!!足が冷えるのは、病気の原因になります。

足元を温めるには、床下断熱のリフォームを考えるといいですよ!!

床下断熱のリフォームをすると、冬は足先の冷え解消にもつながります。

床下断熱リフォームするには、業者へお見積りを依頼をする必要があります。

しかし、基本的な知識がないと、平均金額より高く言われることもあるので、見積もりを取る前の知識がとても重要です。

また、今回はネット検索すると床下断熱とよく一緒に出てくる、基礎断熱についても少し触れておきます。

福子
福子

早速、床下断熱リフォームについて調べましょう。

スポンサーリンク

床下断熱すれば冬あったかでしかも省エネ!

友三
友三

そもそも床下断熱をすると、どんなことが起こるの?

福子
福子

答えは、床の表面の温度と部屋の温度が近くなる!です。

冬の場合で説明していきます。

は地表の温度も下がったままになるので、床下の温度も当然低くなります。

断熱がされていないと、地表の温度を床が受けてしまい、床が冷たくなってしまうのです。

だから、断熱材をいれて、地表の温度の影響を受けないようにするのが、床下断熱と言うわけです。

冬に暖房器具が、効きづらく感じるのは、断熱が足りていないせいでもあります。

福子
福子

しっかり床下断熱をすれば、冬は暖かく過ごせ、暖房の効きやすくなります!

 

床下断熱リフォームの費用相場は施工方法により異なる

まずは、床下断熱のリフォーム費用相場は、施工方法によって異なります。

床下断熱リフォームは、2つの施工方法があります。

  1. 断熱材のみ入れる場合
  2. 断熱材を入れ床を張り替える場合
福子
福子

1つずつ解説していきます

床下断熱のみリフォーム費用は20万円から

床下断熱の基本的な施工方法は、フローリングや畳などの下に断熱材を入れるというもの。

費用は、20坪で20万円~30万円です。

福子
福子

もちろん、施工会社や断熱材の種類によって誤差はあります。それについてはのちほど説明します。

施工日数は、平均1日~2日と短いのが特徴です。これは単純に工事の工程が少ないため。

では、床の張り替えも一緒にすると、どのくらいの費用になるのでしょうか?

床下断熱と床の張り替えリフォーム費用は70万円から

床下断熱と床の張り替えを同時に行う場合は、20坪で70万円~120万円と跳ね上がります。

理由は、工事の工程も増えるし、断熱材と新しいフローリングなどの材料費がかかるからです。

困った人
困った人

それなら、断熱材だけ使えば安いってこと?

福子
福子

もし、フローリングが傷んでしまっている場合は、同時に施工してもらうのがオススメです。

張り替えのタイミングで断熱を考える人も多いようです。

施工日数3日~6日となります。

使う断熱材によっても費用が変わる

断熱リフォームをするときは、断熱材の素材の種類や厚みによって費用が変わります。

ここでは、断熱材の種類とその費用を紹介します。

福子
福子

自宅の床下に合わせて断熱材を選んでください。

基本的な考え方として、どの断熱材でも厚みが増せば断熱効果は高まります。

発泡プラスチックが素材の断熱材

断熱性能が高く耐久性があります。

代表的な商品は、アキレスボードやスタイロフォーム。

発泡プラスチックが素材のものは、大きく2種類に分けられます。

  • 硬質ウレタンフォーム:1枚約7000円~11000円
  • 押出法ポリスチレンフォーム:1枚約2000円~10000円

無機繊維系が素材の断熱材

耐久性・耐火性・防音性に優れている無機繊維系。

木造住宅の断熱材として多く使われていますが、防音性も高いので映画館などでも使われています。

無機繊維系の代表例

  • グラスウォール:1坪当たり約2000円~6000円
  • ロックウォール:1坪当たり約3000円~9000円
自然系と言われるものもありますが、取扱業者が少ないのが現状です。

 

床の断熱リフォームの種類は”床下断熱”か”基礎断熱”の2つ

床下の断熱方法は、2つあります。

床下断熱は、基礎を触らず断熱材を入れるという方法で、考え方としては、床下は外とします。

基礎断熱は、床下も部屋の内部として考えて、床下の基礎コンクリートに手を加えて断熱する方法となり、基礎の部分から断熱をするので、断熱性能は、高くなります。

しかし、基礎断熱には、注意するべきことが多く、8割から9割は床下断熱が選ばれているのが、現状です。

困った人
困った人

なぜ?基礎断熱は、選ばれないの?

福子
福子

では、基礎断熱について、解説しますね。

基礎断熱のリフォームはシロアリ対策必須

基礎断熱は、基礎となるコンクリートを断熱材で覆うので、断熱効果は高くなります。

なぜ、基礎断熱が、選ばれないかというと、シロアリの被害に遭いやすいからです。

床下断熱の場合は、床下をみるだけでシロアリを発見できます。

しかし、基礎断熱の場合、覆った断熱材の中を通って、柱などに到達するケースがあります。

福子
福子

パッ!と見て発見できないので、気づくのに遅れ、被害に遭ってしまうのですね。

また、基礎断熱が完成してしてから2年ほどは、コンクリートが、水分を蒸発し続けます。

その分、湿気が溜まりやすくなってしまいます。

対策方法は、ありますが、その分の費用も別にかかってしまい、点検も大変になります。

断熱効果は高いけど、デメリットの方が大きくなるので、あまり選ばれていないということです。

床下断熱のリフォーム費用は安いが注意点もあり

友三
友三

床下断熱は安い早いうまい!…なんだよね?

福子
福子

うまくはないけど…安い早いは合ってるわ

基礎工事と比べると床下断熱のメリット5つあります。

  • 基礎の部分には触らない
  • 通常の点検をすればOK
  • 施工費用比較的安い
  • 施工日数が短い
  • 冬の床におびえなくていい
友三
友三

よし、知識を頭に入れた!すぐに床下断熱リフォームの見積もりをとった方がいいね!

福子
福子

ちょっと待って!その前に、床下断熱をしたら注意しないといけないことがあるの。

床下断熱の注意点は換気にあり!

床下断熱のリフォームをした場合、断熱材をさかいに温度差が、激しくなります。

すると、湿気がこもり、結露ができ、カビの原因になります。

床下断熱のリフォームをした場合は、しっかり換気することが重要です。
福子
福子

ここまで床下断熱について説明しました。

しっかり断熱したい場合は、窓も断熱したほうが効果的なんです。

床下断熱と合わせて窓のリフォームと補助金についても考えたい方はこちら

 

床下断熱リフォームするなら一括相見積もり

友三
友三

リフォーム慣れしてない人が、リフォーム業者を自分で選び見積もりをお願いするのってすごく難しいよね。

福子
福子

もちろん、1円でも安くって信頼できる業者がいいわよね。

だからネットで一括!相見積もりを取りましょう!

リフォーム見積もりの確認方法についてはこちらの記事を参考にしてください。

友三
友三

オンラインで一括見積が出来るので楽ちんだね。

 

まとめ

今回は床の断熱リフォームについて説明しました。

床下断熱と基礎断熱の2つの方法があり、床下断熱のほうが選ばれていることがわかりましたね。

床下断熱リフォームの費用相場と日数

断熱材のみ使用の場合:20坪 20万円~30万円、1日~2日
同時に床に張り替えをする場合:20坪 70万円~120万円、3日~6日

また、床下断熱は早くて安く、基礎部分を触らないため後からの点検も通常通りでOK。

喚起に気を付けなければいけませんが、基礎断熱よりもコスパが高いのも特徴です。

ぜひ、見積もりを取る前の基礎知識として参考にしてください。

福子
福子

キチンと基礎知識をつけて見積もりをとるとスムーズですね。

家全体のリフォームもお考えなら、こちらも読んでみてください。

リフォームの見積もりを複数社に依頼するのは大変!?

リフォームを検討していて、いざ見積もりを…と思っても、ついちゅうちょしてしまうことありますよね。

リフォーム会社の選定に、リフォーム見積もり依頼…いざリフォームをしようにも、実際リフォームに辿り着くまでの過程がたくさんあって嫌になってしまいますよね。

◆リフォーム会社を選定するのに1日
リフォーム会社から見積もりがあがってくるのに最大1か月
複数社へ見積もり依頼したければ、時間がいくらあっても足りません。

せっかくいい業者を見つけても、自宅は工事範囲外だったら、探していた時間がもったいないですよね。

そもそも、どの業者が良い業者で、かつ料金も良心的なのかわからない…。そんな悩みを解決してくれるのが「リフォームの相見積もり」です。

自宅の住所や、リフォームしたい箇所、予算を入力するだけ。自動で見積もりをだしてくれるサイトがあるんです。

こちらの記事では、見積書の見方や、危険な例に関して詳しく説明していますよ。

一括見積を複数社から無料でしてくれるのが「タウンライフリフォーム」。自宅付近の、しかも優良業者のみを選定して提案してくれるので、安心してリフォームを依頼できます。

理想なお家にリフォームして家族仲良く快適にすごしませんか?