【まとめ】リフォーム費用の平均目安を範囲ごとに徹底解説!

スポンサーリンク
見積りと費用
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

この記事を読まれているあなたはこんな悩みをお持ちではないですか?

困った人
困った人

トイレのリフォームを考えているんだけど、費用がどれくらいかかるのか見当もつかないわ。

困った人
困った人

リフォーム業者に言われるがままは嫌!
言われた金額は平均的なものなのかしら?

この記事を読むことで、次のことがわかります。

リフォームについての平均的な費用がわかります。

そんな私は、

皆さん、こんにちは。
福子です。

福子38歳です。年下の旦那と12年前に結婚して、3人のママになりました。毎日家事が大変ですが、元ハウスキーパー歴5年の経験を生かして、住まいや生活全般に関する便利な情報をお届けします。

リフォームの見積もりを複数社に依頼するのは大変!?

リフォームを検討していて、いざ見積もりを…と思っても、ついちゅうちょしてしまうことありますよね。

リフォーム会社の選定に、リフォーム見積もり依頼…いざリフォームをしようにも、実際リフォームに辿り着くまでの過程がたくさんあって嫌になってしまいますよね。

◆リフォーム会社を選定するのに1日
リフォーム会社から見積もりがあがってくるのに最大1か月
複数社へ見積もり依頼したければ、時間がいくらあっても足りません。

せっかくいい業者を見つけても、自宅は工事範囲外だったら、探していた時間がもったいないですよね。

そもそも、どの業者が良い業者で、かつ料金も良心的なのかわからない…。そんな悩みを解決してくれるのが「リフォームの相見積もり」です。

自宅の住所や、リフォームしたい箇所、予算を入力するだけ。自動で見積もりをだしてくれるサイトがあるんです。

こちらの記事では、見積書の見方や、危険な例に関して詳しく説明していますよ。

一括見積を複数社から無料でしてくれるのが「タウンライフリフォーム」。自宅付近の、しかも優良業者のみを選定して提案してくれるので、安心してリフォームを依頼できます。

理想なお家にリフォームして家族仲良く快適にすごしませんか?

困った人
困った人

両親から家を譲り受けて住んでいるけど、築年数30年以上経っていてかなり不具合が出てきたなぁ。

困った人
困った人

おじいちゃんおばあちゃんと同居することになったんだけど、これからのことも考えて、浴室をバリアフリーの設備リフォームしたいわ!

様々な家族が、それぞれの事情やタイミングで、住まいのリフォームのことについて考える時がやってくると思います。
友三
友三

リフォームのことはリフォーム業者さんに聞くのが一番だよ!
よし、すぐ相談に行ってみよう!!

福子
福子

あっ!パパちょっと待って。
リフォーム業者さんへ相談に行く前に、リフォームってどれくらいの費用がかかるのか、平均的な相場を頭に入れておいた方が良いわよ!

何もわからないままリフォーム業者へ相談に行くと、もちろん丁寧に教えてもらえます。
しかし、リフォームって安い買い物ではありません。
できれば安く、損をすることなく家をリフォームしたいですよね。
福子
福子

大切なのは”費用感“をあらかじめ持っておくことです。

友三
友三

なるほど!
スーパーで野菜がいつもより高いなぁって思うみたいに、リフォームについても平均的な相場を知っておくことで損しないようにできるんだね!

今回は家のリフォームを考えている皆さんに、リフォームにかかる平均的な費用をご紹介していきます!
スポンサーリンク

リフォームに関する費用を知っておくことが大切

リフォームには、”リフォーム代○○円”のような定価はありません
また、費用の対価が、”工事“という形のないものなので、一般人では高いのか安いのかも検討が付きにくいですよね。

あまり良くないリフォーム業者にあたってしまうと、見積額が相場よりも高くなったりする場合も発生してしまう可能性があります。

リフォーム費用は3つの要素に分けられる

“リフォーム代”という定価がないのであれば、どのような料金提示になるのでしょうか。

リフォームの平均的な費用を考える上で、リフォーム金額にどのような料金が含まれるのか、知っておきましょう。

福子
福子

リフォームの金額は、大きく分けて3つの要素に分けられるのよ!
材料費“、”施工費“、そして”諸経費“よ!

  1. 材料費:キッチンやトイレといった設備や、壁紙・床材などの資材
  2. 施工費(人件費):実際に工事をする費用、つまり職人さんの人件費
  3. 諸経費:工事の進み具合や工事計画のための現場管理費や、職人さんの駐車代、リフォームの間置き場のない家具を預けるスペース代など
友三
友三

いろいろなことにお金がかかってるんだね!

福子
福子

見積書を手に入れた際は、特に”諸経費”については細かく何にいくらかかっているのか、業者に確認しましょう!

見積書の見方を知っておくことがカギ

いざリフォーム業者に相談に行くと、リフォームの見積書をもらうことになります。

見積書には工事期間がどれくらいか、工事費用がいくらかかるかなど、重要な事項がたくさん記載されており、業者によって金額はもちろん、記載方法も異なります。

福子
福子

ぜひ複数社から見積もりをしてもらいましょう!

手元に届いた見積書を、そのままうのみにして業者を選ぶと、細かいところで見落としがあったり、安くできるところを見過ごしていたりと損をしてしまう可能性があります。

福子
福子

見積書をしっかり読み解ける”“を持っておきましょう。

こちらの記事を読むと、リフォームの見積書の取り方から詳しい見方までわかります。
ぜひ見積もり依頼をする前に読んでみてください!

 

リフォームの平均的な費用は規模や項目によって違う

ひとことに”リフォーム”と言っても、いろんなリフォームがあります。

福子
福子

一旦住居を骨組みにまで解体して一から組み立てなおす、”スケルトンリフォーム“や、お風呂だけ!という風に部分的リフォームするお家もありますね。

ここで、あらゆる全てのリフォームについて平均的な費用を挙げるのは難しいので、よくあるケースをいくつかご紹介しますね!

スケルトンリフォームの相場は数百万円~数千万円

スケルトンリフォーム“とは、すでにあるもともとの内装を一旦すべて解体し、住居を骨組みだけの状態にしたあと、一から作り直すリフォームのことを言います。

福子
福子

この”骨組みだけの状態”が、”スケルトン状態”となるので、”スケルトンリフォーム”と言うんですよ。

家の元の姿を一旦なくしてしまって、新しく家を建てるように一から組み立てなおしたい方が”スケルトンリフォーム”を選ぶんですね。

一戸建ての住居と、マンションの場合の”スケルトンリフォーム”ではもちろん平均的な費用が異なりますので、順番に見ていきましょう!

一戸建て:1000万円~2000万円

一戸建ての家をスケルトンリフォームした方が、実際に支払った費用の平均価格帯は、1000万円~2000万円とされています。

坪単価の平均としては、30〜40万円以上/坪かかると想定しておきましょう。

マンション:400万円~1200万円

マンションもスケルトンリフォームができます。

マンションの場合、スケルトンリフォームの平均費用は、400万円~1200万円と言われています。

坪単価は、20〜30万円以上/坪かかるでしょう。

 

マンションのスケルトンリフォームについて、詳しい記事はこちら↓

部分リフォームの相場は数十万円~数百万円

困った人
困った人

キッチンの使い勝手が悪いから、キッチンだけリフォームしたいのよね。

困った人
困った人

お風呂が古くなってきちゃって、掃除が大変!
ホテルみたいなきれいな浴室に変えたい…。

こんな風に、家全体を生まれ変わらせる”スケルトンリフォーム”までは必要ないけど、”家のこの部分だけリフォームしたい“というケースも多いでしょう。

もちろんスケルトンリフォームより費用は抑えられますが、やはりこの場合でも品質の良いものをできる限りお得に手に入れたいですよね。

福子
福子

部分的なリフォームでも、あらかじめ平均的な費用を頭に入れておくことは大切ですよ!

トイレ:20~50万円

 

福子
福子

手すりを取り付けるリフォームや、床・壁の張替えからすべて工事するなど、リフォームのパターンはたくさんありますね。

どの部分までリフォームするかによってかかる費用は大きく変わってきますが、平均的には20万円~50万円が中心と言われています。

和式トイレから洋式トイレ交換したり、トイレの室内を広くしたりする拡張工事などは、50万円以上かかると考えておいた方が良いでしょう。

友三
友三

トイレのリフォームに関して、詳しい記事がありますよ!
是非ご覧ください!

浴室:50~150万円

浴槽を含め浴室全てを工事するとなると、50万円~150万円くらいが平均的と言えるでしょう。

浴室に手すりを設置したり、ドアを交換したりする簡単な工事内容であれば、数万円で済むことが多いです。

  • ユニットバスからユニットバスへの工事:50〜80万円程度
  • 在来工法からユニットバスへのリフォーム:70〜100万円程度
在来工法とは、昔ながらの浴室の工法で、防水加工を施した部屋にコンクリートやタイルでお風呂場を作っているというものです。
通常の部屋に防水加工をしているだけですので、築20年を過ぎると、経年劣化が目立ったり、水漏れやシロアリなどの問題が起きやすいという欠点があります。

キッチン:50~150万円

キッチンリフォームも、平均的な費用として50万円~150万円の場合が多いとされています。

福子
福子

コンロやシンクなどの設備のグレードをどのように決めるかで、かなり費用が左右されるようです。

また、壁付け型のキッチンからアイランド型キッチンに変更するリフォームなど、給排水の工事も同時に必要になってくる場合は、100万円を超えることが多いと思っておいてください。

ちなみに、我が家でキッチンのリフォームをした時の体験談を別の記事にしています↓
よろしければご覧ください!

リビング:30~数百万円

友三
友三

家族が最も長い時間を過ごすリビング、快適にゆっくりできる空間にしたいですよね。

クロスの張替えのみであれば、平米あたり1000円~3000円くらいですので、10畳の部屋の場合20万円程度で済みそうです。
ただ、クロスの種類をこだわったものにすると、平米単価が数千円UPしますよ。

内装リフォームだけでなく、間仕切りを撤去・設置したり、床暖房の導入を考えている方は工事が大規模になるので、平均費用が100万円以上かかると考えておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

福子
福子

新しく家を建てるのはなかなかハードルが高いですが、元ある家を少しリフォームするだけで簡単に新築気分になれますよね。

家全体を一から組み立てなおす”スケルトンリフォーム“をする方も、部分的なリフォームを選ばれる方も、できるだけ良質なものをお得に手に入れたいものです。

  • リフォームに関する費用は、”材料費“、”施工費“、”諸経費“の3つ
  • 見積書をしっかり読み取れるようになっておこう
  • スケルトンリフォームの場合、平均的費用は数百万~数千万円
  • 部分リフォームの場合、平均的費用は数十万~数百万円

リフォーム業者に飛び込み相談に行く前に、あらかじめ平均的な料金の目安を頭に入れておいて損にはなりません。

福子
福子

賢い買い物をして、素敵な住居空間を手に入れちゃってくださいね!

リフォームの見積もりを複数社に依頼するのは大変!?

リフォームを検討していて、いざ見積もりを…と思っても、ついちゅうちょしてしまうことありますよね。

リフォーム会社の選定に、リフォーム見積もり依頼…いざリフォームをしようにも、実際リフォームに辿り着くまでの過程がたくさんあって嫌になってしまいますよね。

◆リフォーム会社を選定するのに1日
リフォーム会社から見積もりがあがってくるのに最大1か月
複数社へ見積もり依頼したければ、時間がいくらあっても足りません。

せっかくいい業者を見つけても、自宅は工事範囲外だったら、探していた時間がもったいないですよね。

そもそも、どの業者が良い業者で、かつ料金も良心的なのかわからない…。そんな悩みを解決してくれるのが「リフォームの相見積もり」です。

自宅の住所や、リフォームしたい箇所、予算を入力するだけ。自動で見積もりをだしてくれるサイトがあるんです。

こちらの記事では、見積書の見方や、危険な例に関して詳しく説明していますよ。

一括見積を複数社から無料でしてくれるのが「タウンライフリフォーム」。自宅付近の、しかも優良業者のみを選定して提案してくれるので、安心してリフォームを依頼できます。

理想なお家にリフォームして家族仲良く快適にすごしませんか?