自宅の駐車場をリフォーム!4つの目的別に解説【お得ワザも紹介】

スポンサーリンク
戸建てのリフォーム
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

この記事を読まれているあなたは、こんな悩みをお持ちじゃないですか?

困った人
困った人

自宅の駐車場に屋根をつけるリフォームってできるのかしら?

困った人
困った人

駐車場の防犯対策をするためのリフォームが知りたいわ。

この記事を読むことで、次のことがわかります。

自宅の駐車場のリフォーム方法と費用がわかります。

そんな私は、

皆さん、こんにちは。
福子です。

福子38歳です。年下の旦那と12年前に結婚して、3人のママになりました。毎日家事が大変ですが、元ハウスキーパー歴5年の経験を生かして、住まいや生活全般に関する便利な情報をお届けします。

福子
福子

お向かいさん、駐車場をリフォームして広げるんですって。

友三
友三

今まで2台目の車は、近所の月極駐車場を使っていたんだっけ?

福子
福子

そうそう。
でも重い物を買った日や雨の日は、何かと不便って言ってたわ。

友三
友三

なるほど。
うちも子ども達が車を持つようになったら、外のリフォームが必要になるかもしれないね。

福子
福子

そうね。
その時のために、しっかり調べておきましょう!

 

スポンサーリンク

自宅の駐車場のタイプは3つ

自宅の駐車場のタイプは、屋根の有無によって、次の3タイプに分類されます。

オープンスタイル…屋根や壁がなく、駐車スペースのみを作る駐車場。

カーポート…壁がなく、屋根と柱だけを設置する駐車スペース。

ガレージ…「車庫」と同じ意味で、出入り口以外の三方向を壁で囲まれている建築物

画像引用元:楽天市場

友三
友三

うちの近所だけ見ても、オープンスタイル、カーポート、ガレージの3種類それぞれのお宅があるね。

福子
福子

そうね。タイプによって特徴が違うから、どんな駐車場にリフォームしたいかによって選んでいきましょう。

土で車が汚れる駐車場をリフォーム!”舗装”で解決

地面がのままの駐車場では、次のような困り事があります。

  • 土でタイヤ車体が汚れる。
  • 雨が降るとぬかるみ、靴が汚れて車内も汚れる。
  • タイヤの跡が轍(わだち)になる。
  • 雑草が生えて処理が面倒。
困った人
困った人

そうそう。雨が降ると特に辛いのよ。
舗装したいけど、どんな方法があるのかしら?

福子
福子

駐車スペースの舗装方法は、4種類あります。

一般家庭の駐車場では、コンクリートの舗装がもっともポピュラーですが、安く済ませたい場合は砂利を検討しても良いでしょう。

※表の中の「工事費用」は、駐車スペース1台分あたりの相場です。

工事費用メリットデメリット
砂利10〜20万円・費用が安い
・歩く時の音で防犯効果あり。
・太陽の照り返しがない。
・隙間から雑草が生える。
・砂利が減ってきたら足す必要がある。
・雪かきや、落ち葉掃除がしづらい。
アスファルト6万円〜・広い敷地だと割安。
・お手入れが簡単。
・デザイン性が良くない。
・1〜2台分だと割高。
・狭いスペースだと工事してもらえないことも。
インターロッキング
ブロック
25〜35万円彩りを加えられる。・一つ一つ職人が施工するので、やや高い。
コンクリート27〜40万円デザイン性が高い。
・お手入れが簡単。
耐久性が高い。
・太陽の照り返しで、温度が上昇する。
・施工工程が多いので、費用が高額に。
インターロッキングブロックとは】
コンクリートを、お互い噛み合うような形のブロックにしたもの。
公園や歩道などでよく見られる。

友三
友三

施工費用はちょっと高くつくけど、長い目で見るとコンクリートが僕はオススメです。

お得にするワザ!タイヤが乗る部分だけを舗装

1台分全面コンクリートにすると30万円近くかかるのに対して、タイヤが乗る部分だけなら、およそ10万円からできます。(コンクリート工事のみの費用相場)

友三
友三

コンクリートを敷かない部分には、砂利芝生を施すと良いんだけど、DIYで行えば節約になります!

ただ、人によっては、コンクリート部分に合わせての駐車が不得意だったり、間の砂利や芝生の手入れ・落ち葉の掃除などが億劫なんていうこともあります。

福子
福子

費用面使い勝手など、先のことも考えてみて決めることが大切です。

 

雨・汚れ・紫外線から愛車を守る!”カーポート”と”ガレージ”

困った人
困った人

やだ!また車に鳥のフン!
取るのが本当に大変なのよね。

福子
福子

わかります。出掛ける時に見つけるとガッカリ…。
自然のことって防ぎようが無いですよね。

友三
友三

防げますよ!
屋根をつけましょう!

屋根があると、次のようなメリットがあります。

  • 鳥のフンが付かない。
  • 雨に濡れずに家と車を行き来できる。
  • 遮光タイプなら、車の内装・外装が日焼けしない
  • 積雪対応タイプなら、車の雪下ろしの手間が省ける。
福子
福子

そうだったわ!
パパ、ナイスアシストありがとう!

駐車場に屋根をプラス!”カーポート”で快適カーライフ

1台分のカーポートは設置費用込みで、メーカー品で約30万円、ホームセンターで買える物だと約15万円です。

カーポートは、ガレージと比べると、

  • 費用が抑えられる。
  • スペースが少なくても設置できる。
  • 洗濯物を干すこともできる。

というメリットが挙げられます。

お得にするワザ!カーポートをネットで購入

カーポートはネットで10〜12万円ほどで手に入ります。

施工業者に相談の上、自宅のサイズ予算にあったカーポートを自分で購入し、業者には取り付けだけを頼めば費用を抑えることができます

ガレージ設置には約100万円!”防犯”や”収納”も叶える

友三
友三

ガレージは屋根に加えてもあるので、カーポート同様、汚れ・日焼けから愛車を守ってくれます。

さらに、

  • シャッターがあり、防犯性も高い。
  • 自転車やタイヤなど、車以外の物も収納できる。

などのメリットもあります。

困った人
困った人

ガレージ、欲しいけどお高そうだわ。

いくら位で設置できますか?

福子
福子

1台分のガレージなら25〜40万円で買えるのですが、費用は商品代だけでは無いので注意が必要です

ガレージの設置に関わる費用は、次の通りです。

  • 配送料
  • 布基礎・土間コンクリート施工費
  • 残土処分費
  • 組立費
  • 建築確認申請の費用
  • 固定資産税
友三
友三

これらを含めると、ガレージの設置にはトータル100万円ほどかかり、固定資産税は毎年課税されます。

基礎工事せず、地面の上に置かれる簡易なガレージなら「家屋」と扱われないので、固定資産税はかかりません。

お得にするワザ!見積もりは複数社から取る

駐車場のリフォームは、何度もするものでは無いですよね。
駐車場に限らず、リフォームで損をしないためには、相場の感覚が大切になってきます。

福子
福子

ガレージ設置の見積もりは、複数社からもらって比較検討するのがオススメです。

見積もりの詳しい見方については、こちらの記事が参考になります。

 

防犯性を高める”チェーン・シャッター”などのオプション

ガレージがあれば安心ですが、オープンスタイルカーポートのみの自宅駐車場では、車が狙われる可能性があります。

例えば、次のような危険が潜んでいます。

  • 車を盗まれる
  • 車上荒らし
  • 車を直接傷つけられる
  • タイヤをパンクさせられる
  • 石を投げ込まれてガラスを割られる
困った人
困った人

町内で車のいたずらが続いていて、うちの車もやられたら…と思うと怖いわ。
どんな対策があるのかしら?

防犯対策には、まずドアロックをすること、防犯カメラの設置、ホイールとタイヤのロックなどがあります。

友三
友三

そして、リフォームをすることで「侵入を防ぐ」対策ができます。

“チェーンポール”はDIYなら2〜3万円で設置できる

チェーンポールを設置することで、不審者の侵入抑制と、車の盗難を防止する効果が期待できます。

業者によるチェーンポールの埋め込みは、本体価格と設置費用で8〜12万円です。

DIYで設置する場合は、置くだけの「土台つきチェーンポール」の費用の2〜3万円でできます。

“伸縮ゲート”は開閉しやすく快適

画像引用元:LIXIL

費用は、ゲートの大きさによってだいぶ変わりますが、およそ8〜30万円です。

チェーンに比べると開閉がしやすいので、車の出し入れの際、煩わしさが少ないでしょう。

友三
友三

防犯の面では、柵の分だけ高さがあるので「より侵入を防げる対策」と言えます。

跳ね上げ門扉(オーバードア)は省スペースでも設置可能

オーバードアは、開けた時に扉が上に行くので、邪魔にならないのが特長です。

設置費用は1台用で16〜20万円です。

手動で開閉するタイプの他に、電動タイプもあり、車に乗ったままリモコンで開閉することができます。

商品を選ぶ時には、車の高さを考慮する必要があります。

“シャッターゲート”ならガレージがなくても愛車をガード

画像引用元:三協アルミ

シャッターゲートを設置すれば、不審者の侵入は一層難しくなりますし、家全体に高級感が出るのも魅力の1つです。

設置費用は120〜200万円ほどです。

福子
福子

メーカーによるシャッター工事、本体を支えるための基礎工事電気工事など色々な費用がかかるので高くなってしまいます。

こちらも、リモコン式になっているのでとても便利です。

 

駐車スペースを広げる・増やすリフォーム

  • 子どもが車を買う
  • 大きな車に乗り換える
  • 車椅子でも、車の乗り降りがしやすいようにスペースの余裕が欲しい
  • 今までの駐車スペースが狭くて、車を何度か擦ってしまった
  • 来客用の駐車場が欲しい

など、これまでの駐車スペースでは足りなくなった場合、駐車場を広げるまたは増やすリフォームをします。

ここまでご紹介してきた、舗装カーポートゲートなどを2台分にリフォームする、というのが1つの方法です。

困った人
困った人

そうは言っても、敷地内に駐車場を作るスペースなんて、もう無いわ。

福子
福子

そうですよね。広い敷地があるとは限りません。
こういった場合、庭を駐車場にリフォームする方も多いんですよ。

を駐車場にリフォームする方法は、こちらの記事が参考になります。

少し抜粋すると、

庭や外構を駐車場にリフォームする場合、掛かる費用は大きく分けて3つあります。
・庭のブロック塀や植木の撤去費用
・駐車スペースを整地・舗装する費用
・新しい門や屋根の設置費用

こういった、庭に「もともとあったもの物」を撤去する費用がかかることに注意が必要です。

福子
福子

量にもよりますが、ブロック塀の撤去費用は10〜15万円、樹木は1本あたり5千円〜3万円が相場になっています。

 

困った人
困った人

私はガーデニングが趣味だから、庭はそのままにしたいわ。

福子
福子

庭を残す場合は、住居の一部を車庫にするリフォームがありますよ。

部屋をビルトインガレージにするリフォームについては、こちらの記事が参考になります。

 

まとめ

自宅の駐車場について、4つの目的別に次のようなリフォーム方法をご紹介しました。

  1. 土で車が汚れるのを解決するには、舗装
  2. 雨や汚れから愛車を守るには、カーポートガレージ
  3. 駐車場の防犯性を高めるには、ゲート類
  4. 駐車スペースを増やすには、部屋を駐車場にリフォームする
友三
友三

僕もいつか、立派なガレージが欲しくなっちゃったな。

福子
福子

それって本当に必要〜?

友三
友三

男のロマンってやつだよ。

福子
福子

じゃあ、お仕事節約貯金がんばっていきましょう!

友三
友三

よーし、がんばるぞ〜!