洗濯ネットの使い方革命!10のルールで頼もしい味方にする方法!

スポンサーリンク
その他
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

この記事を読まれているあなたはこんな悩みをお持ちじゃないですか?

困った人
困った人

お気に入りの洋服だけど洗濯するとヨレてしまうのが心配だわ・・

 

困った人
困った人

シャツが洗濯するとシワになってアイロンがけが面倒なの・・・

福子
福子

そんな時は、洗濯ネットを利用使えばいいの

この記事を読むことで、次のことが分かります。

洗濯ネットの使い方を変えることで、大切な洋服やデリケートな素材を簡単に洗濯する方法がわかります。
洗濯ネットの使い方の10のルールを守れば、大切なアイテムを長く利用することができます。

そんな私は、

皆さん、こんにちは。
福子です。

福子38歳です。年下の旦那と12年前に結婚して、3人のママになりました。毎日家事が大変ですが、元ハウスキーパー歴5年の経験を生かして、住まいや生活全般に関する便利な情報をお届けします。

大切な衣服を適切に洗えていますか?

5人家族の我が家。人が増えれば増えるほど、洗濯で失敗したくない衣服の量も増えていきます。

◆ブランドのパーティードレス1着50,000円
◆オーダーメイドスーツ1着100,000円
◆子ども達の冠婚葬祭用衣服1着20,000円×3人
洗濯方法を間違えて、衣服を台無しにしたら210,000円がパーです。

洗濯が難しい衣服を代わって丁寧に仕上げてくれるのが「クリーニング店」です。

でも、クリーニング店に持っていくのって面倒ですよね。そこでオススメしたいのが「宅配クリーニング」。自宅にいながら衣服を宅配で送れば、クリーニングされて戻ってきます。

こちらの記事では、クリーニングの目的別にオススメの宅配クリーニング業者を紹介しています。

なかでも、他店を圧倒するほど高品質に仕上げてくれるのが「プラスキューブ」です。

大切な衣服は、安心できる高品質な宅配クリーニング店へお願いてみてはどうでしょう?

スポンサーリンク

洗濯ネットの使い方でお気に入りのアイテムを1日でも長く着る方法

お気に入りの洋服や高価なランジェリーなどが、洗濯により縮んでしまったり、ヨレたり、と悲しい思いをしたことはありませんか。

でも毎度、毎度クリーニング屋さんへお願いするもの、コストがかかり辛い思いをします。

ラクして、家で洗える魔法のアイディアってないのかな、って思いませんか?

身近にあるんです!それは、洗濯ネットを使うことです。しかも、使い方もコツさえつかめば簡単です。

洗濯ネットで洗う9つの理由をピックアップ!

洗濯ネットを使うと洗濯物同士の摩擦を防ぐことができますその他にも洗濯ネットを使うと防げることがこんなにたくさん。

  • 洗濯物同士の絡まり
  • 生地の摩擦
  • 生地の毛羽立ち
  • 色落ち
  • 糸くず、埃、ゴミの付着
  • ボタンや刺しゅう取れ
  • 紐などの絡み
  • 靴下や他の小さい小物が洗濯機の中での迷子

洗濯ネットを使うメリット・デメリットってなに?

洗濯ネットを使う場合に、求めていた結果が得られない場合があります。
そこで洗濯ネットを使うことのメリット・デメリットをまとめました。

洗濯ネットを使うメリット

  • 型崩れを防ぐ
  • 色移りを防ぐ
  • 絡まりを防ぐ
  • 生地への摩耗を防ぐ
  • 生地の毛玉を防ぐ
  • 生地の劣化を防ぐ
  • 生地に糸くずやごみの付着を防ぐ
  • 生地への引っかかりを防ぐ

洗濯ネットを使うデメリット

  • 洗浄力が弱い
  • 洗濯ネットへの設置が面倒
  • 消耗品のためある程度の期間で買い替えが必要

 

洗濯ネットの使い方の基礎を知っておくと100倍お得!

洗濯ネットの使い方を誤ると大切なアイテムが台無しになってしまいます。
そこで洗濯ネットの基礎的な使い方を知っているだけで今後の洗濯にも活躍すること間違いなしです。

洗濯ネットの使い方ルール10の基礎知識

洗濯ネットの使い方ルール1

洗濯ネット1袋に対してアイテムは1着を入れること

洗濯ネット1袋に複数の洋服を入れると汚れが落ちないため避けましょう!

洗濯ネットの使い方ルール2

アイテムの大きさに合わせて洗濯ネットを使うこと

洗濯ネットよりアイテムが小さすぎると生地が摩耗するので、サイズに合ったものを使いましょう!

洗濯ネットの使い方ルール3

特にシャツなどシワをつけたくないアイテムは、ぴったりしたサイズの洗濯ネットを使うこと

シャツなどは洗濯ネット内に余裕があるとシワになる原因となりますのでぴったりしたサイズのものを使いましょう!

洗濯ネットの使い方ルール4

衣類などのアイテムを裏返しに入れること

アイテムを表にして洗濯すると色落ちの原因になりますので避けましょう!

洗濯ネットの使い方ルール5

目立つ汚れについては、部分的に手洗いなどで洗濯前に汚れを落とすこと

汚れは、必ず部分的に洗った上で洗濯ネットに入れましょう!

洗濯ネットの使い方ルール6

汚れた部分がある場合は、汚れが目立つ部分を外側にして洗濯ネットに入れること

汚れた部分が隠れてしまうと汚れがしっかり落ちないので、必ず外側にしましょう!

洗濯ネットの使い方ルール7

デリケートな素材や、刺繍、ボタンがたくさんついた服は、裏返してからネットに入れること

洗濯ネットの使い方ルール8

デリケートな素材や、刺繍・ボタンがたくさんついた服は、目の細かい洗濯ネットを利用すること

デリケートな素材や、刺繍、ボタンを目の細かい洗濯ネットに入れないとボタンなどは取れてしまう場合があるので必ず裏返しにして目の細かい洗濯ネットを利用しましょう!

洗濯ネットの使い方ルール9

服のボタン、ホック、ファスナーについては必ず留めること

服のボタン、ホック、ファスナーを留めることで型崩れを避けることができますので必ず留めましょう!

洗濯ネットの使い方ルール10

乾燥機に入れないこと

乾燥機を利用するとアイテムが縮んでしましますので避けましょう!

 

洗濯ネットの大きさ・目の粗さで使い方が変わります

洗濯ネットの大きさ・種類について

洗濯ネットの大きさは、の3種類の大きさに分かれ、袋状のものになります。

  • 大 約35cm×50cm
  • 中 約30cm×33cm
  • 小 約20cm×20cm

デリケートなものを洗う場合は、保形性のあるネット、

ブラジャーを洗う場合は、立体状ネット、

毛布・座布団を洗う場合は、特大ネットまたは円柱ネット

なども使うことがあります。

洗濯ネットの目の粗さについて

洗濯ネットは、目の粗いもの目の細かいものがあり、目的によって使い分けることがポイントとなります。

  • 目の粗いネットの使い方
    汚れをしっかり落としたい。また羽毛、糸くず、埃、ゴミがついても気にならないもの。
  • 目の細かいネットの使い方
    羽毛や糸くず、埃、ゴミを絶対に付けたくないもの。

アイテム別!洗濯ネットの具体的な使い方

アイテム別の洗濯ネットの使い方となります。まずは、それぞれのアイテムにある洗濯表示をチェックし、家庭で洗えるものかを確認します。

消費者庁 洗濯表示(平成28年12月1日以降)

シャツ(ワイシャツ・ブラウス)

  • 洗濯ネット使う理由
    型崩れ・毛羽立ち防止・シワ防止
  • 使用するネットサイズ
    中(シャツに合う大きさ)
  • 使用する目の粗さ
    色が濃い目の場合は目の細かいもの、汚れがひどい場合は目の粗いもの
  • 洗濯ネットへの入れ方
    裏返しにしてボタン留めるただし袖口はボタンを留めない
    袖を前に交差するようにたたむ
  • 汚れがひどい場合
    汚れて部分に中性洗剤を直接塗り込む
  • 洗濯機利用時のおすすめコース
    普通コース・手洗いコース・おしゃれ着コース
  • お勧め洗剤
    中性洗剤
【失敗談】
黒色シャツを目の粗い洗濯ネットを利用てしまい、結局乾かした後、衣服用のコロコロでゴミを取り、再度、目の細かい洗濯ネットを利用して洗いなおした経験があります。

セーター・ニット

  • 洗濯ネット使う理由
    型崩れ・傷み防止
  • 使用する大きさ
    中(セーター・ニットに合う大きさ)
  • 使用する目の粗さ
    目の細かいもの
  • 洗濯ネットへの入れ方
    裏返しにたたむ
  • 汚れがひどい場合
    汚れて部分に中性洗剤を直接塗り込む
  • 洗濯機利用時のおすすめコース
    手洗い・ドライ対応・おしゃれ着コース
  • お勧め洗剤
    おしゃれ着洗剤
【失敗談】
ニットをおしゃれ着洗剤を利用せず洗濯ネットに入れて洗うと、ゴワゴワになりました。

Tシャツ・トレーナー

  • 洗濯ネット使う理由
    色褪せ・型崩れ防止
  • 使用する大きさ
    中・大(Tシャツ・トレーナーに合う大きさ)
  • 使用する目の粗さ
    色が濃い目の場合は目の細かいもの、汚れがひどい場合は目の粗いもの
  • 洗濯ネットへの入れ方
    裏返しにたたむ
  • 汚れがひどい場合
    汚れて部分に中性洗剤を直接塗り込む
  • 洗濯機利用時のおすすめコース
    普通コース・手洗いコース・おしゃれ着コース
  • お勧め洗剤
    中性洗剤・おしゃれ着用洗剤
【失敗談】
トレーナーを洗濯ネットに入れず、しかも、裏返しにせず洗ってしまい色落ちしてしまいました。

ボトム

  • 洗濯ネット使う理由
    色褪せ・型崩れ・シワ防止
  • 使用するネットサイズ
    中・大(ボトムに合う大きさ)
  • 使用する目の粗さ
    色が濃い目の場合は目の細かいもの、汚れがひどい場合は目の粗いもの
  • 洗濯ネットへの入れ方
    裏返しにしてファスナー・ホック・ボタンを留め、蛇腹折りにしてたたむ
  • 汚れがひどい場合
    汚れて部分に中性洗剤を直接塗り込む
  • 洗濯機利用時のおすすめコース
    普通コース・手洗いコース・おしゃれ着コース
  • お勧め洗剤
    中性洗剤・おしゃれ着洗剤
【失敗談】
ホックを留めずに洗濯してしまい、型崩れしてしまいました。

タオル

  • 洗濯ネット使う理由
    生地の傷み・パイル抜け防止
  • 使用するネットサイズ
    中・大
  • 使用する目の粗さ
    目の細かいもの(ただし汚れがひどい場合は目の粗いもの)
  • 洗濯ネットへの入れ方
    折りたたんで使用
    タオルを1枚ずつ入れる場合は中サイズ、数枚入れる場合は大サイズを利用
  • 洗濯機利用時のおすすめコース
    普通コース
  • お勧め洗剤
    中性洗剤
【失敗談】
お気に入りのタオルを洗濯ネットに入れ忘れたら、生地が傷んでしまいました。

バスタオル

  • 洗濯ネット使う理由
    生地の傷み・パイル抜け防止
  • 使用するネットサイズ
    中・大
  • 使用する目の粗さ
    目の細かいもの(ただし汚れがひどい場合は目の粗いもの)
  • 洗濯ネットへの入れ方
    折りたたんで使用
    タオルを1枚ずつ入れる場合は中サイズ、数枚入れる場合は大サイズを利用
  • 洗濯機利用時のおすすめコース
    普通コース
  • お勧め洗剤
    中性洗剤
【成功談】
洗濯ネットを利用してバスタオルを洗うと、仕上がりがフワフワになりました。お気に入りの柔軟剤もプラスするとさらにいい匂いに仕上がるので気に入ってます。

ブラジャー

  • 洗濯ネット使う理由
    型崩れ・ヨレ・へたり・破損防止
  • 使用する大きさ
    ブラジャー専用の円柱・丸形
  • 洗濯ネットへの入れ方
    ブラジャーのホックを留めてカップがつぶれないように入れる
  • 洗濯機利用時のおすすめコース
    手洗いコース・ドライコース
  • お勧め洗剤
    おしゃれ着洗剤
【成功談】
絶対に型崩れだけは避けたいため必ずブラジャーはホックを留めてカップをつぶさないようにいれることで心地よく利用しています。

靴下ほか小物

  • 洗濯ネット使う理由
    絡まり・紛失防止
  • 使用する大きさ
  • 使用する目の粗さ
    目の細かいもの(ただし汚れがひどい場合は目の粗いもの)
  • 洗濯ネットへの入れ方
    裏返しにして入れる
  • 洗濯機利用時のおすすめコース
    普通コース
  • お勧め洗剤
    中性洗剤
【成功談】
靴下を洗濯ネットで洗うと洗濯機内での片方だけ迷子が避けれるため便利です!

布団・毛布

  • 洗濯ネット使う理由
    色褪せ・型崩れ・ダメージ防止
  • 使用する大きさ
    特大(布団用ネット)
  • 洗濯ネットへの入れ方
    布団または毛布を洗濯機に入る大きさに折りたたみ、洗濯ネットに布団を入れる
    洗剤ムラを防ぐため洗濯機に水を貯め、洗剤を溶かす
  • 洗濯機利用時のおすすめコース
    毛布コース・手洗いコース
  • お勧め洗剤
    中性洗剤・柔軟剤
【失敗談】
布団を洗濯機で洗う時に水を貯め忘れて中性洗剤を入れたため洗いが微妙になりました。

 

洗濯ネットの使い方の疑問4つをピックアップ

洗濯ネットを洗った後は必ず干しましょう

洗濯ネットは、洗濯機で洗濯した後どうすればいいのか?
悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

洗濯機で使った後、濡れた状態で保存すると、かび臭くなります。よって洗濯物と同様に干すことをお勧めします。

洗濯ネットの買い替え時期は破れる前に!

洗濯ネットのファスナーが上がらない場合や、ネットが破れた場合は即買い替えてします。

利用頻度が高いと、度々買い替える必要があります。また破れている洗濯ネットを利用した場合は、アイテムに埃やゴミがついてしまう場合がありますので、破れる前に買い替えます。

洗濯ネットの保管場所は洗濯機の近くがオススメ

洗濯ネットは、少し大きめの洗濯ネットにまとめて洗濯機の近くに保管することをお勧めします。

その理由は、洗濯機で洗濯するときにしか洗濯ネットをは使わないからです。

遠くにあると正直、億劫になるので洗濯機の近くが一番のお勧めです。

洗濯ネットのその他の利用方法

洗濯ネットは、洗濯以外にもお風呂のおもちゃの収納洗濯バサミなどの小物入れに利用できます。

また、旅行の時に洗濯ネットを利用するとスーツの中が整理整頓でき、荷物の整理整頓に役立ちます。

 

まとめ

洗濯ネットの使い方ついて内容のおさらい

  • 洗濯ネットの使い方により衣服の劣化を防ぐことができる
  • 洗濯ネットの使い方により衣服を大切に保つことができる
  • 洗濯ネットの使い方により家で洗えるものが多い

洗濯ネットは、100円ショップでも沢山の種類があり購入は可能です。ただし使用頻度が多くなると劣化するスピードも速く、何度も100円ショップへ走っていることもしばしばあります。長い間、同じ洗濯ネットを使用したい場合や布団などを洗う特大サイズの洗濯ネットは、100円ショップの洗濯ネットではないものを利用することをお勧めします

洗濯ネットを利用することで節約にもなり、新しいアイテムを購入することもできるかもしれません。普段の努力の積み重ねが私たちの至福の

肥やしとなります。

福子
福子

洗濯ネットを利用してお家で洗濯できるし、お気に入りの洋服が長く着れちゃうなんて幸せ!

大切な衣服を適切に洗えていますか?

5人家族の我が家。人が増えれば増えるほど、洗濯で失敗したくない衣服の量も増えていきます。

◆ブランドのパーティードレス1着50,000円
◆オーダーメイドスーツ1着100,000円
◆子ども達の冠婚葬祭用衣服1着20,000円×3人
洗濯方法を間違えて、衣服を台無しにしたら210,000円がパーです。

洗濯が難しい衣服を代わって丁寧に仕上げてくれるのが「クリーニング店」です。

でも、クリーニング店に持っていくのって面倒ですよね。そこでオススメしたいのが「宅配クリーニング」。自宅にいながら衣服を宅配で送れば、クリーニングされて戻ってきます。

こちらの記事では、クリーニングの目的別にオススメの宅配クリーニング業者を紹介しています。

なかでも、他店を圧倒するほど高品質に仕上げてくれるのが「プラスキューブ」です。

大切な衣服は、安心できる高品質な宅配クリーニング店へお願いてみてはどうでしょう?