必見!壁に服の収納スペースを作る方法!部屋が狭くても大丈夫

スポンサーリンク
収納
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは。

この記事を読まれているあなたは、こんな悩みをお持ちじゃないですか?

困った人
困った人

服をしまうところがないのよ。

困った人
困った人

収納スペースが足りないわ。

この記事を読むことで、次のことがわかります。

壁を使って服の収納スペースを確保する方法がわかります
簡単に収納スペースを作れる便利グッズがわかります

そんな私は、

皆さん、こんにちは。
福子です。

福子38歳です。年下の旦那と12年前に結婚して、3人のママになりました。毎日家事が大変ですが、元ハウスキーパー歴5年の経験を生かして、住まいや生活全般に関する便利な情報をお届けします。

衣服の収納スペース足りてますか?

我が家は5人家族なので、衣服がどんどん増えて…収納スペースが足りません
設置型のクローゼットを買ったり、リフォームでクローゼット増築するとどのくらいお金がかかるかご存じでしたか?

◆設置型クローゼット:3~5万円
◆クローゼット増設:20~50万円
とてもじゃないですけど、ポンっと出せる金額じゃないですよね。

実はクローゼットを増やさなくても、いい方法があるんです。それは「宅配クリーニングの無料保管サービス」を使うことです。

保管だけじゃなくて、プロがクリーニングもしてくれるなんて一石二鳥!こちらの記事では、保管サービス付の宅配クリーニング業者を紹介しています。

大家族にオススメなのが、「せんたく便」です。30着パックはなんと22,980円。1着あたり766円で、クリーニングと保管をしてくれます。

シーズンオフの衣服を減らしたすっきりクローゼットなら、日々の片付けや着替えも楽々ですね。

  • クローゼットの中がいっぱいで服の収納スペースがない
  • そもそも家の収納スペースがすくない
  • 入りきらない服のせいで部屋がごちゃごちゃ

なんて人、いませんか?

困った人
困った人

うちはアパートだから、クローゼットが他のものでいっぱいなの。

福子
福子

そうですよね。家の作りによっては収納スペースが限られている場合もあります。

友三
友三

でも普通にタンスにしまえばいいんじゃないの?

福子
福子

パパはわかっていないわ。スーツやお気に入りの服はたたんでしまえないのよ。

友三
友三

そ、そうか。確かにスーツにたたんだ跡がついていたら嫌だな。

福子
福子

だから服を掛けて収納できるスペースを確保しなければいけないの。

困った人
困った人

そんなスペースうちにはないわよ。もともと狭いし…

それ、本当ですか?実は部屋を見渡してみると、意外なところに収納がスペースはありますよ。

ところでみなさんは壁面収納って知っていますか?文字通り壁に収納することを指すのですが、海外では壁面収納が当たり前なんです。

今回は壁に収納スペースを確保する方法と、便利なグッズもご紹介します。

困った人
困った人

DIYってこと?なんだか難しそうだけど…

福子
福子

大丈夫です。置くだけ簡単なグッズも紹介するので誰にでもできますよ。

 

 

スポンサーリンク

壁を使って収納スペースを確保!見つけて作って活用する!

ではさっそく本題に入りましょう。収納スペースを確保する手順はこちらです。

  1. 収納スペースにする場所をみつける
  2. 収納スペースを作る
  3. 作った収納スペースを活用する

今回は服を掛けるための壁面収納にフォーカスして、考えていきましょう。

部屋を見渡し収納スペースになりそうな壁に目星を付ける

まずは収納を増やしたい部屋の壁を観察してみましょう。

ここは使えそうだなとすぐに気づける人もいますよね。

困った人
困った人

う~ん…壁、壁ねぇ。ただの壁だわ。

福子
福子

そんな人も大丈夫!

というか壁ならわりとどこでも収納スペースにできるんです。

タンスが低めならその上部を使えば、服は一か所にまとまります。

壁一面を使って収納スペースを大きくとることもできます。そうすれば丈の長い服もかけられます。

収納スペースにしたい壁の大体の広さを測っておくと良いでしょう。

簡単に取り付けて収納スペースは作れる!パターンは2つ

次は見つけたスペースに収納場所を作っていきましょう。

取り付けるだけなのでとっても簡単です。

壁に穴をあけない方法もあるので、アパートに住んでいても大丈夫です。

本当に取り付けるだけ!速攻で作ってすぐに収納できるグッズ

画像引用元:Amazon

こちらのタイプは壁に取り付けるだけで、簡単に収納スペースが作れます。

1回着ただけのジーンズや冬物のアウターは、すぐに洗わないこともありますよね。

ジーンズをそのまま掛けることもでき、ハンガーを使えばたたみたくない服も掛けられます。

福子
福子

簡単すぎてDIYとは呼べないかもしれませんね。

壁に穴をあけるタイプが多いので選ぶときは注意が必要です。

ディアウォールなら壁に“穴をあけずに”収納スペースが作れる

画像引用元:Amazon

ディアウォールとは好きな場所に柱を立て、穴をあけられなくてもDIYを可能にするグッズです。これを使うとDIY感がグッとでますよ。

2×4(ツーバイフォー)というよくホームセンターで売っている木材に、ディアウォールをつけて天井と床に固定します。

上の写真のように木材とディアウォールがセットになっているものもあります。

柱を2本立ててその間に突っ張り棒をとりつければ、服が掛けられますね。

大きくスペースを作れるので、服を掛けるだけでなく下部にはボックスを置くなど好きにカスタマイズできます。

ディアウォールの使うときに注意するポイント
  • 設置する場所によって変わるが、耐荷重に注意
  • 重心を考えて収納すると良い
  • 木材の長さが足りないときは、ジョイントパーツ(長さを付け足す)を使う
  • ちょっとだけ長さが足りないときは、付属のスペーサーを使う
畳、クッションフロア、カーペットの上はディアウォールの設置はしないでください。突っ張る力が弱まるので倒れるなどの危険性があります。

かしこく服を収納すれば家事が楽になる!

 

福子
福子

では作った収納スペースのかしこい活用法を紹介しますね。

かしこく活用すれば家事も楽になります。

普段着ない服はクローゼットへ!壁収納は”スッキリ”させる

まず覚えてほしいのが壁の収納スペースには、普段着ない服はかけないことです。

普段着ない服はやはりクローゼットにしまったほうが良いです。

困った人
困った人

クローゼットに入りきらないからスペースを作ったのに…

福子
福子

これにはきちんと理由があります。

せっかく作った壁収納も普段着ない服まで掛けてしまうと、ごちゃごちゃしてしまいます。

壁収納は見える収納なので、ごちゃごちゃしていたらかっこ悪くないですか?

見える収納はスッキリさせて、オシャレに見せましょう。

どうしてもクローゼットの服があふれてしまう人は、こちらの記事を見て一度断捨離を考えてみてはいかがでしょうか。

壁収納スペースには“普段着る服”を掛けて”たたむ”作業を減らす

そして壁に作った収納スペースには、普段着ているものをかけましょう。

洗濯して干したらハンガーのまま掛けてしまえば、たたまなくてもシワになりません。

たたむのって量が多いと大変ではないですか?

福子
福子

少しでもたたむ量を減らして、家事を楽にしましょう。

かける収納についてはこちらの記事が参考になりますよ。

では最後にやっぱり取り付けるのは嫌!という人のために、ハンガーラックも紹介しておきます。

 

 

まとめ

今回は、

  • 壁に服を掛けるスペースは、わりとどこでもイケること
  • 収納スペースは、簡単にグッズを取り付ければ作れること
  • 作った収納スペースに普段着る服を掛ければ、たたむ量を減らせること

を紹介しました。

収納スペースを作るお部屋に合わせて、何を使うか決めると良いと思います。

 

福子
福子

オシャレに収納すればインテリアにもできますね。

不器用な私でもできたので難しくないですよ。ぜひ試してみてください。

衣服の収納スペース足りてますか?

我が家は5人家族なので、衣服がどんどん増えて…収納スペースが足りません
設置型のクローゼットを買ったり、リフォームでクローゼット増築するとどのくらいお金がかかるかご存じでしたか?

◆設置型クローゼット:3~5万円
◆クローゼット増設:20~50万円
とてもじゃないですけど、ポンっと出せる金額じゃないですよね。

実はクローゼットを増やさなくても、いい方法があるんです。それは「宅配クリーニングの無料保管サービス」を使うことです。

保管だけじゃなくて、プロがクリーニングもしてくれるなんて一石二鳥!こちらの記事では、保管サービス付の宅配クリーニング業者を紹介しています。

大家族にオススメなのが、「せんたく便」です。30着パックはなんと22,980円。1着あたり766円で、クリーニングと保管をしてくれます。

シーズンオフの衣服を減らしたすっきりクローゼットなら、日々の片付けや着替えも楽々ですね。