ダウンジャケットを洗濯する方法!!ふわふわに仕上げる3つの秘訣

スポンサーリンク
衣服
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

みなさんこんにちは。
あなたはこんな悩みをお持ちではないですか?

困った人
困った人

ダウンジャケットって自宅で洗濯できるのかしら?

困った人
困った人

自宅での洗濯に挑戦したら、ぺったんこになって台無しにしてしまったわ…。あれ結構、高かったのよ。

福子
福子

ダウンジャケットは自宅でも洗濯できますよ。ふわふわに仕上げる3つの秘訣があるので、紹介しますね!!

この記事を読むと次のことが分かります。

ダウンジャケットの洗濯の方法と干し方が分かります。
ダウンジャケットをふわふわに仕上げる3つの秘訣が分かります。

そんな私は、

皆さん、こんにちは。
福子です。

福子38歳です。年下の旦那と12年前に結婚して、3人のママになりました。毎日家事が大変ですが、元ハウスキーパー歴5年の経験を生かして、住まいや生活全般に関する便利な情報をお届けします。

大切な衣服を適切に洗えていますか?

5人家族の我が家。人が増えれば増えるほど、洗濯で失敗したくない衣服の量も増えていきます。

◆ブランドのパーティードレス1着50,000円
◆オーダーメイドスーツ1着100,000円
◆子ども達の冠婚葬祭用衣服1着20,000円×3人
洗濯方法を間違えて、衣服を台無しにしたら210,000円がパーです。

洗濯が難しい衣服を代わって丁寧に仕上げてくれるのが「クリーニング店」です。

でも、クリーニング店に持っていくのって面倒ですよね。そこでオススメしたいのが「宅配クリーニング」。自宅にいながら衣服を宅配で送れば、クリーニングされて戻ってきます。

こちらの記事では、クリーニングの目的別にオススメの宅配クリーニング業者を紹介しています。

なかでも、他店を圧倒するほど高品質に仕上げてくれるのが「プラスキューブ」です。

大切な衣服は、安心できる高品質な宅配クリーニング店へお願いてみてはどうでしょう?

ダウンジャケットを洗濯するのはとても難しそうですよね。手洗いしようにも、おけや洗面器に収まりきらないし、水もなかなか染み込んでくれません

思い切って洗濯機に放り込んでみたら、シワシワで、干してみたらぺったんこ、なんてこともあるある話ですね。

私も以前は冬が終わって衣替えするときに、ダウンジャケットをクリーニングに出していました。
家族5人分のダウンと私のお出かけ用のダウンも合わせて、10000円ほどかかりました。

でも、普段使いのダウンジャケットを自宅で洗濯できる3つの秘訣を発見してから、かなりの節約に成功しました!!

さらに、子どもたちが思い切り遊んで汚してきた時も、ささっと洗濯して綺麗にできるので、叱ることも減りました。

ダウンジャケットも定期的に洗濯するようなってからは、周りの人のダウンジャケットが汚れていると、よく目につくようになっちゃっいましたよ。

あなたも、ダウンジャケットの洗濯の3つの秘訣を知れば、新品みたいなふわふわで、綺麗なダウンジャケットになります!!

スポンサーリンク

あなたのダウンジャケットは自宅で洗濯できる!?

まずは、お手持ちのダウンジャケットが、自宅で洗濯することができるかを判別していきましょう。普段使いのダウンジャケットであれば、気軽に自宅で洗濯したいですものね。

逆にお出かけ用のダウンジャケットなら、クリーニングに出すか、自宅で洗濯するか、慎重に検討しましょう。

取り扱い絵表示で洗濯マークを確認しよう

まず、今お手持ちのダウンジャケットのラベルを確認してください。

洗濯マークがある場合は洗濯OK

 洗濯マークがあれば、どんなダウンジャケットでも、洗濯して大丈夫です!最近は洗濯OKが売りの機能性ダウンジャケットも流行っていますからね。

手洗いマークがある場合は手洗いOK

洗濯機はNGマークだけど、手洗いマークがOKであるのなら、自宅で手洗いすることが可能です。

手洗い・洗濯不可の場合はクリーニングへ

洗濯機不可、手洗いも不可であれば、クリーニングに出す必要があります。

 

汚れが酷すぎるものや洗えないものはクリーニングへ

酷い汚れがついていれば、クリーニングがベター

車のガソリンオイルの汚れや、真っ白なダウンジャケットを汚してしまった場合は、クリーニングをオススメします。

酷い汚れを無理に落とそうとすると、摩擦で生地が傷んでしまいます。また白いダウンジャケットは、汚れが上手くとれず、シミになってしまうと目立ってしまうので、クリーニングに持っていくか宅配クリーニングにお願いしましょう。

動物の繊維が使用されている場合はクリーニングの一択!!

レザーやウール、ファーなど、洗濯してしまうと縮んでしまったり、元の質感を失ってしまったりします。お高いお出かけ用のダウンジャケットは特に注意しましょう。

クリーニングに出す場合に参考になる記事はこちらです。

 

ダウンジャケットの洗濯を成功させる3つの秘訣

 

まずは襟や袖口についた目立った汚れを部分洗い

洗濯機や手洗いで洗剤を使って洗濯する際は、全体を均一に洗います。なるべく摩擦を少なくして、生地へのダメージを軽減します。部分的な目に見える汚れは事前にしっかり落としておきましょう。 

水を弾きやすいダウンジャケットに水をしっかり含ませる

ダウンジャケットの内部の羽毛は水をはじきやすいです。さらに最近のダウンジャケットは機能性が高く、防水加工がされているものが多いです。

なかまで洗えていないと洗濯した意味がないですし、ムラや型崩れの原因になります。ダウンジャケットの中まで水を浸透させる工夫が随所にあるので参考にしてください。

明暗の分かれ道は、ダウンをムラなく干せるかどうか

ダウンジャケットといえばあのモコモコが命ですよね。ぺたんとなりがちなダウンジャケットでも、しっかりとムラをなくして干すことができます。

型を整えながら満遍なく乾かすことができれば、新品同様のふわふわなダウンになります。

 

洗濯機で”洗濯ネット”と”短め脱水”だけで洗濯する方法

 

実はご家庭の洗濯機でもダウンジャケットの洗濯ができます。6つのステップで紹介します。

汚れやすい袖や襟を部分洗いする

袖口や襟元はとくに汚れやすいですね。こういった部分は洗濯機に入れる前に、集中的に汚れを落としておきましょう。といっても難しくはありません。

汚れている部分を少し濡らし、中性洗剤を少したらします。そして裏からたたくようにして、汚れを浮かせるイメージです。

ダウンジャケット全体を手洗いしようとすると広いスペースが必要ですが、部分洗いなら洗面器や桶でもできますね。ちょっとひと手間で汚れ落ちが変わってくるので、挑戦してみましょう。

浴槽や洗濯槽でダウンジャケット全体に水を含ませる

 これはダウンジャケット特有のポイントです。ダウンジャケットの中身の正体は鳥の羽です。

だから暖かいのですが、鳥の羽は湿って飛べなくならないように、水をはじく素材になっています

ですから、洗濯するときにはしっかりと水を含ませるように意識しなければいけません。

できれば、洗濯機に入れる前にシャワーや浴槽、もしくは縦型の洗濯槽にぬるま湯を張り、ダウンジャケット全体に水を含ませましょう。もしできない場合や面倒な場合は次にすすんでください。

大きめのタオルでくるんでから洗濯ネットに入れる

ダウンジャケットを大きめのタオルでくるんでから洗濯ネットに入れると効果的です。タオルは吸水性が高いので、重みでダウンジャケットもしっかりと水につかります。

とくにダウンジャケット全体に水を含ませるのはできなかっという方はこれはやってみてください。いずれにしてもちょっと面倒で忘れがちな作業ですが、これをやるのとやらないのでは、仕上がりが全然違いますよ。

洗濯ネットに入れるときは適当に押し込めるのではなく、シャツを折りたたむように、丁寧に入れましょう。

ダウンジャケットは意外とかさばるので、大きめの洗濯ネットに入れましょう。

洗濯ネットに関してはこちらの記事も参考にしてください。

ダウンジャケットに水が浸透したか不安な場合は、洗濯し始めて少ししたら、一旦洗濯機を停止させましょう。このときには洗濯機内に水がある状態です。
中をのぞいたらダウンジャケットを軽くおしてあげて、全体が水につかるようにしましょう。

洗剤は必ず中性洗剤を使うこと

洗剤は中性洗剤を使いましょう。できればおしゃれ着用の洗剤を選んで使いましょう。これもダウンジャケットの素材が傷まないようにするためです。

洗いは「おしゃれ着モード」や「手洗いモード」を選択する

洗いによる摩擦は生地にダメージを与えます。できるだけ優しい静かなモードを選ぶようにしましょう。

おしゃれ着モードなどの弱水流についてはこちらの記事も参考にしてください。

脱水は1分以内に設定する

脱水のとき洗濯機はうるさいですよね。それだけ強い力で洗濯機が働いています。その分だけダウンジャケットの生地や素材にも負担になりますから、脱水は短い時間にしましょう。

大体1分以内であれば問題ないでしょう。

 

洗濯槽や浴槽で”お手製洗剤”を使って手洗いする方法

手洗いは大きいダウンジャケットを洗濯するスペースがあれば難しくはありません。3ステップで終わります。

中性洗剤とぬるま湯で”お手製洗剤”を作る

中性洗剤ぬるま湯で”お手製洗剤”を作ります。熱湯や冷水は生地が傷みますからダメですよ。冬は水が冷たいのでお湯が出るまで時間がかかりますが、我慢我慢。

洗濯槽・浴槽の中で優しく押し洗い

ダウンジャケットはかさばりますから、おけや洗面器ではなかなか全体が洗濯できません。洗濯槽や浴槽、お風呂場でたっぷりのぬるま湯で洗濯するようにしましょう。

配管の都合で洗濯槽にぬるま湯をためることができない場合もありますよね。ぬるま湯を作って、おけで運ぶこともできますが大変です。

そんなときはお風呂や浴槽で洗濯するようにしましょう。でも入浴剤はいれてはだめですよ。

洗濯の仕方は簡単で、優しく押して洗うだけです。ダウンジャケットは水を含みにくい素材なので、全体に水を浸透させるように洗濯しましょう。

たっぷりの水流で洗うと、汚れが落ちやすいってご存じでしたか?
こちらの記事を参考にしてみてください。

タオルで優しく水分をふき取る

脱水は生地に一番負担がかかる工程です。慎重に行いましょう。私たちがタオルで体をふくように、大きめのタオルでダウンジャケットの水気をふきとりましょう。

お父さんのあかすりみたいにごしごししてはダメです。洗顔後にパタパタとタオルで水気をとるようにして行います。

 

洗濯後は徹底的に”偏りとダマ”をほぐして干すのが成功のカギ!!

ダウンの偏りをなくし、ダマをほぐせば綺麗にふわふわに

ダウンジャケットの洗濯の失敗の大半は干し方が原因です。ぺしゃんこになったり、型崩れしたりしやすいですね。これらは、なかに詰めてあるダウンが左右上下どこかに偏ってしまうことが原因です。

ダウンの偏りを防ぐコツは3

  • 手で「さっさっ」としごくようにふりさばいてから干す。
  • 洗濯槽や浴槽のなかに放置しない。洗濯が終わったらすぐに出してください。
  • 洗濯機から出したらすぐやりましょう。
    ダウンに水分が含まれているときには形を整えやすいので、クローゼットにしまう前にやればいいや、とはしないように。

直射日光を避けて2、3日自然乾燥させる

良かれと思って日の当たる屋外にダウンジャケットを出す方も多いですね。しかし直射日光による温度の変化や紫外線ダメージで傷んでしまいます。ですからドライヤーや熱風乾燥もNGです。

またダウンジャケットは中身のダウンが多いので、表面が乾いていても中身が生乾きのこともあります。

乾かし方のポイントは5つです。

  • 日陰で風通しの良いところで干しましょう。
  • 加湿器をかけている部屋は避けてください。
  • お風呂場で干す場合には換気・送風モードを使用して干しましょう。
  • 2、3日じっくり自然乾燥する。
  • 定期的にが整っているか確認する。少し乾いてきたら、両手で押し込むようにして羽毛やダウンが全体に満遍なくいきわたるように調整しましょう。

陰干しについてはこちらの記事も参考にしてくださいね。

大きめ、太めの丈夫なハンガーにかける

せっかくダウンを均一にしたのに、型が崩れてしまっては台無しです。水を含んだダウンジャケットは案外重いので、丈夫なハンガーを使いましょう。Tシャツと同じハンガーでは心もとないですね。

ジャケット用の大きめでしっかりしたハンガーを使うようにしましょう。洋服屋さんでもらえることもありますし、100円ショップにも高品質なものが売っています。うまく活用して節約しましょう。

 もし失敗してしまっても、もう1度濡らしてやり直せる

万が一干し終わったときに型が崩れてしまっていることに気づいたらショックですね。

失敗してしまったときの対処法を1つ伝授します。

  • ダウンジャケットにもう一度水を含ませる。
  • 部分的に型が崩れたりダウンが偏っていたりする場合、その部分だけ濡らしてみてください。
  • そして「さっさっ」と手を使って型を整えてあげましょう。

ハンガーが小さすぎることが原因のこともあるので、もう一度干し方にも注意し直しましょう。

 

まとめ

ダウンジャケットをふわふわに仕上げる3つの秘訣

  • まずは襟や袖口についた目立った汚れを部分洗い
  • 水を弾きやすいダウンジャケットに水をしっかり含ませる
    • 洗濯機では、ダウンジャケットをタオルでくるんで洗濯ネットに入れる。脱水1分以内で洗濯する。
    • 手洗い洗濯は、中性洗剤ぬるま湯で押し洗い。タオルで拭くように脱水。
  • 明暗の分かれ道は、ダウンをムラなく干せるかどうか
    • 洗濯機からすぐ取り出し、手で「さっさっ」と型を整える。風通しの良い日陰で2,3日じっくり自然乾燥する。

これであなたも自宅で簡単にダウンジャケットを洗濯することができるようになりましたね!!

洗濯槽や浴槽で手洗いもできますが、底が深くて女性の皆さんは腰を傷めやすいかと思います。水を抜いたり、溜めたりする作業も、忙しいママさんには大変な負担となるかもしれません。

そんな忙しいママさんには、タオルと洗濯ネットを使い、脱水を1分以内にして、洗濯機での洗濯を強くオススメします!!

最近のダウンジャケットは洗濯機での洗濯が可能であることを売りにしているものも多いですので、今後新たに購入する際は、洗濯機OKのダウンを購入するのもありですね。

大切な衣服を適切に洗えていますか?

5人家族の我が家。人が増えれば増えるほど、洗濯で失敗したくない衣服の量も増えていきます。

◆ブランドのパーティードレス1着50,000円
◆オーダーメイドスーツ1着100,000円
◆子ども達の冠婚葬祭用衣服1着20,000円×3人
洗濯方法を間違えて、衣服を台無しにしたら210,000円がパーです。

洗濯が難しい衣服を代わって丁寧に仕上げてくれるのが「クリーニング店」です。

でも、クリーニング店に持っていくのって面倒ですよね。そこでオススメしたいのが「宅配クリーニング」。自宅にいながら衣服を宅配で送れば、クリーニングされて戻ってきます。

こちらの記事では、クリーニングの目的別にオススメの宅配クリーニング業者を紹介しています。

なかでも、他店を圧倒するほど高品質に仕上げてくれるのが「プラスキューブ」です。

大切な衣服は、安心できる高品質な宅配クリーニング店へお願いてみてはどうでしょう?